Amazonでお得に買い物する方法はこちら!

なぜ、メッシュWi-Fiを選ぶ?中継器との違い・メリットデメリットを解説

なぜ、メッシュWi-Fiがおすすめなのか?中継器との違い・メリットデメリットを解説のアイキャッチ画像

本記事は「メッシュWiFiとは、メッシュWiFiと中継器との違い、メッシュWiFiのメリットデメリット」について解説します。

どうも、ガジェット好きのかつを(@katsuwoyade)です。

スマホやタブレットにゲーム機やパソコン、さらには家電と最近ではWiFiが使えるデバイスが家中にあふれています。

家中のありとあらゆる機器をWiFiで接続すると、こんな現象が起こった経験はありませんか?

かつを

なんか通信速度が遅いぞ…?

それもそのはず。

WiFiルーター1台にいろんなデバイスをつないでしまうと、負荷が大きくなり通信速度が低下してしまうからです。

そんな通信速度の低下の悩みを解消してくれるのが、今回紹介する『メッシュWiFi』です。

かつを

最近注目を集めている、従来のWiFiに変わる新しいネットワークなんですよ!

『メッシュWiFiってそもそも何?』
『なぜ、メッシュWiFiが良いのか?』

という疑問を丁寧に解説していきますね。

という訳で、本記事は「なぜ、メッシュWi-Fiを選ぶ?中継器との違い・メリットデメリットを解説」について書いています。

メッシュWiFiとは?

メッシュWiFiとは「網目状に張り巡らされたWiFiネットワーク」のこと。

Googleでは以下のように記載されています。

メッシュ ネットワークとは

Google Wifi では、メッシュ ネットワークという仕組みを使用して Wi-Fi を提供しています。メッシュ ネットワークは、デバイスのグループが 1 つの Wi-Fi ネットワークとして動作する仕組みです。したがって、家庭には 1 台のルーターだけでなく、複数の Wi-Fi の配信元を配置できます。このような Wi-Fi の配信元を Wifi ポイントと呼びます。

Wi-Fi は 1 台のルーターからだけでなく、各 Wifi ポイントからも配信されるため、広範囲に強い電波を送信できます。Wifi ポイントの数が多いほど、家庭での Wi-Fi の受信可能範囲が広がります。

すべての Wifi ポイントは、相互に無線で接続されます(つまりイーサネット ケーブルを家中に張り巡らす必要はありません)。Wifi ポイントがお互いの電波を受信できる範囲にあれば、仲介役(ルーター)を通すことなく相互に通信できます。そのため、データをより高速かつ効率的に転送できます。

引用元:Google Wifi ヘルプ

元々は、空港や駅などで使える公衆用のWiFi向けに使われていましたが、最近では家庭用のWiFiルーターにも導入されるようになりました。

かつを

従来のWiFiに代わる、新しいネットワークとして注目を集めています!

最近ではパソコンやスマホのみならず、ロボット掃除機や洗濯機といった家電製品までWiFi対応されています。

WiFi対応製品が家のあちこちにあふれているからこそ、より効率の良いメッシュWiFiに注目が集まっているんですよ。

メッシュWiFiと従来のWiFiシステムの違いとは?

メッシュWiFiと従来型の最大の違いは、「サテライトを設置することで網目状のネットワークを形成できること」です。

従来型のWiFiシステムは、1台のWiFiルーターにさまざまなデバイスが繋がる形式が一般的でした。

従来型のWiFiは、接続台数が増えるとWiFiルーターの負荷が高まり通信速度の低下や接続不良を起こす可能性がある

WiFiルーターへの接続数が少ない場合は問題ないのですが、接続機器が増えるとWiFiルーターの負荷が高まり、通信速度の低下につながってしまいます。

また、ルーターが1台しかないので、部屋や場所によってはWiFiの繋がりが悪くて途切れてしまう…といった現象も起こり得ます。

一方、メッシュWiFiは『メッシュWiFiルーター』の他に『メッシュWiFiサテライト』と呼ばれる複数の親機のデバイスがあります。

メッシュWiFiはルーターと同機能のサテライトがあるため、負荷を分散できて家のどこでも繋がりやすくなる

『WiFiルーター』と『サテライト』が網目状(メッシュ)にネットワークを形成しているイメージです。

『メッシュWiFiルーター』も『メッシュWiFiサテライト』もすべて親機として機能するため、WiFi電波を分散することが可能なんですよ。

かつを

従来のルーター1台にかかる負荷を、メッシュWiFiでは分散させた…という認識ですね!

メッシュWiFiの優れている点は、メンテナンス性の良さもあります。

例えば、メッシュWiFiを使っていて、もしWiFi通信が弱いと感じる場所があれば、その場所に後から『メッシュWiFiサテライト』を設置すれば良いんです。

かつを

後から追加も簡単にできるのがメッシュWiFiの優れた点ですね!

メッシュWiFiと従来型の違い
  • メッシュWiFiは複数のデバイスに負荷を分散、従来型はルーター1台に負荷が集中
  • メッシュWiFiは家中どこでも高速WiFi、従来型はWiFiが弱い箇所ができてしまう
  • メッシュWiFiは初期設定も追加も簡単、従来型は設定が複雑

メッシュWiFiと中継器の違いとは?

メッシュWiFiと中継器の違いは「サテライトが親機としての機能を持っていること」です。

中継器はあくまでもWiFiルーターと親機と子機の関係になります。(WiFiルーターが親機で、中継器が子機)

中継器にはWiFiルーターを介してアクセスするので、WiFiルーター本体の負荷は減らないということに注意が必要です。

中継器は親機を介して通信を行うため、WiFiルーターの負荷は減らずにむしろ増える

もう1つメッシュWiFiと中継器には違いがあり、中継器の場合は「どのデバイスでWiFi接続するかを選択しなければならない」という点です。

かつを

これが結構めんどくさいんですよね…

メッシュWiFiなら自動的に最適な通信環境のルーターまたはサテライトにWiFiを切り替えてくれるのですが、中継器は自分で親機か子機かを選ぶ必要があります。

というのも、メッシュWiFiはサテライトが異なってもSSIDが同じで、中継器の場合は異なるからです。

SSIDとは

サービスセット識別子(サービスセットしきべつし、Service Set Identifier, SSID)とは、IEEE 802.11における無線LAN識別子である。端末機器は、通信可能な範囲にある全アクセスポイントからSSID付きのブロードキャストメッセージを受信し、事前の設定に基づいて接続するアクセスポイントを選ぶか、SSIDのリストを表示してユーザーに接続先を選択してもらう。

引用元:Wikipedia SSID

かつを

メッシュWiFiと中継器は、似ているようで全く異なる性質を持っていますよ!

メッシュWiFiと中継器の違い
  • メッシュWiFiはネットワークを自動選択、中継器はネットワークを手動選択
  • メッシュWiFiは負荷が分散できるが、中継器は負荷がルーターに集中する
  • メッシュWiFiはSSIDがすべて同じ、中継器は親機と子機でSSIDが異なる

メッシュWiFiのメリット

メッシュWiFiのメリットは以下のとおり。

メッシュWiFiのメリット
  • たくさんのWiFi機器に接続しても速度が低下しない
  • 部屋数が多くても通信が途切れにくい
  • 寝室や浴室といったWiFiが入りにくい場所でも安定して通信可能

メッシュWiFiは、家にWiFi対応デバイスが多ければ多いほど、従来型と比べたときにメリットがでてきます。

また、部屋が広く部屋数が多い場合もメッシュWiFiがおすすめです。

かつを

特に、従来型だとなかなか安定してWiFiが通信できない浴室などでもWiFiを使いたい場合は、メッシュWiFiが断然おすすめ!

メッシュWiFiのデメリット

一方で、メッシュWiFiは万能ではなく、以下のようなデメリットがあります。

メッシュWiFiのデメリット
  • 従来型に比べると速度が遅い
  • 有線LANのポート数が少ない
  • 従来型では可能な詳細な設定ができない

メッシュWiFiはその特性上、1台ずつのWiFiは従来型に比べると弱い傾向にあるんです。

そのため、接続台数が比較的少なく速度を重視したい方には、従来型のWiFiルーターが適しています。

また、メッシュWiFiは有線LANポートの数が従来型と比べると少ないです。

有線LANで接続するデバイスを多く持ち合わせている人にとっては、従来型のWiFiルーターの方が使いやすいです。

さらに、従来型では可能であった詳細な設定がメッシュWiFiではできないといったデメリットもあります。

かつを

以上のメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に最適なWiFi環境はどれなのか?しっかり選択するようにしましょう!

メッシュWiFiで快適な通信ライフを過ごそう

本記事は「なぜ、メッシュWi-Fiを選ぶ?中継器との違い・メリットデメリットを解説」について書きました。

メッシュWiFiは、従来型のWiFiルーターとは異なる、新しいネットワーク通信として注目を集めています。

メッシュWiFi、従来型、中継器、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解した上で、自分に最適なWiFiルーターを選びましょう。

かつを

WiFi対応デバイスを数多く持っている人なら、メッシュWiFiを選べば間違いないですよ!

どうも、かつを(@katsuwoyade)でした。

>>【2019年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】

【2019年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】のアイキャッチ画像 【2019年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA