Amazonチャージで1000円キャンペーン

【2020年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較ランキング【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】

【2019年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】のアイキャッチ画像

本記事は「メッシュWiFiルーターおすすめ製品の徹底比較ランキング」について解説します。

どうも、ガジェット大好きかつを(@katsuwoyade)です。

『メッシュWiFiルーターのおすすめはどれ?』

という疑問に、メッシュWiFiルーターの代表的なおすすめ11製品を徹底比較した上でお答えします。

かつを
結論、バッファローの『WRM-D2133HP/E1S』が1番おすすめです!

という訳で、本記事は「【2020年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】」について書いています。

メッシュWiFiルーターのおすすめランキング(2020年4月追記)

ここでは、メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキングをご紹介します。(2020年4月追記)

1位:バッファロー / WRM-D2133HP/E1S E2S

推奨間取り3LDK(4LDK以上は中継器の追加推奨)
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×2 / 2.4GHz×2
IPoEサービス
メッシュ

WRM-D2133HP/E1S」は、親機の性能がずば抜けており、メッシュWifiルーターおすすめランキング、堂々の1位です。

かつを
最大の特徴は、親機の通信速度の速さと、1階と2階のように離れた場所でも速度が変わらない点!

さらに、中継器に接続した際の速度も、他メーカーの製品と比較してトップクラスの性能を発揮。

実際に私も使っていて、リビングやキッチンだけでなく、ベランダでも繋がる、圧倒的な接続範囲の広さを感じています。

かつを
リビング・キッチン・寝室、家のどこでも、快適にYoutubeで動画が見れるって最高です!
WRM-D2133HP/E1Sの評価
5Ghz帯の速度
(5.0)
2.4Ghz帯の速度
(5.0)
接続台数
(4.0)
付加機能
(4.0)
操作性
(4.0)
総合評価
(4.5)

こちらは、中継器が2台付いてくるセットです。

2位:Google / Nest Wi-Fi

推奨間取り最大120m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×4 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

Nest Wi-Fi」は、ルーター性能の高さに加え、他メーカーのメッシュWi-Fiルーターにはない、付加機能が充実しています。

初期設定は、Google Homeアプリで設定し、音声によるガイドが行われるので、初心者の型でも迷わず設定可能です。

かつを
特に面白いのが、サテライトがスマートスピーカーとして使えるところ!

また、スマートディスプレイと連携することで、ゲスト用のWi-Fi情報をQRコードで表示できる機能も付いています。

かつを
職場の打ち合わせスペースや、小規模な店舗に設置するのにぴったりですね!
Nest Wi-Fiの評価
5Ghz帯
(4.0)
2.4Ghz帯
(4.0)
接続台数
(5.0)
付加機能
(5.0)
操作性
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:エレコム / e-Mesh WMC-DLGST2-W

推奨間取り4LDK / 3階建て
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×2 / 2.4GHz×2
IPoEサービス
メッシュ

e-Mesh WMC-DLGST2-W」の最大の特徴は、セットアップの簡単さ。

かつを
セットアップに専用アプリも、スマホも必要ありません!

親機の設置完了後、子機の電源を入れれば、自動でメッシュネットワークを構築してくれます。

そのため、操作に不慣れな初心者の方でも気軽にメッシュWi-Fiを利用可能。

もちろん、通信速度や接続の安定性も上々ですよ。

かつを
初心者の人に向けた嬉しい配慮が満載なので、機械いじりが苦手な人におすすめできます!
e-Meshの評価
5Ghz帯
(3.5)
2.4Ghz帯
(4.5)
接続台数
(4.0)
付加機能
(4.5)
操作性
(5.0)
総合評価
(4.0)

4位:ネットギア / Orbi Wifi RBK50

推奨間取り最大350m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×6 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

Orbi RBK50」は、親機とサテライトを合わせると、最大350m2 の広範囲をカバーできます。

かつを
フロアや部屋数が多い家でも、隅々まで電波を届けることができますね!

サテライト接続時の速度が他メーカーの製品と比べるとやや落ちますが、親機の速度はトップクラス。

別フロアでも、親機だけで十分カバーできる速度です。

かつを
価格と性能のバランスが取れた、使いやすい機種です!
Orbi Wifi RBK50の評価
5Ghz帯
(4.0)
2.4Ghz帯
(4.0)
接続台数
(5.0)
付加機能
(3.5)
操作性
(5.0)
総合評価
(4.0)

5位:バッファロー / WTR-M2133HP/E2S

推奨間取り4LDK / 120m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×4 / 2.4GHz×2
IPoEサービス
メッシュ

WTR-M2133HP/E2S」の最大の特徴は、円盤型のボディの中央に、くるりと回せるアンテナが設置されていること。

かつを
とても面白いデザインですよね!

アンテナの位置で、狙った方向に電波を飛ばせるという特徴があります。

かつを
ただ、アンテナの位置による電波強度の変化が大きく、初心者の方にはやや扱いづらい一面もあります…
WTR-M2133HP/E2Sの評価
5Ghz帯
(4.5)
2.4Ghz帯
(2.5)
接続台数
(3.0)
付加機能
(4.5)
操作性
(4.0)
総合評価
(4.0)
]

6位:リンクシス / VELOP AC6600

推奨間取り最大550m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×4 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

VELOP AC6600」は、3台で最大550m2の範囲をカバーできるメッシュWi-Fiシステム。

トライバンドに対応し、高速な通信が行えます。

場所によって速度が不安定な口コミもあり、少し評価は伸び悩みました。

かつを
セットアップの簡単さが特徴です!
VELOP AC6600の評価
5Ghz帯
(3.0)
2.4Ghz帯
(4.0)
接続台数
(5.0)
付加機能
(3.5)
操作性
(5.0)
総合評価
(3.5)

7位:ティーピーリンク / AC2200 Deco M9 Plus

推奨間取り最大420m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×4 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

Deco M9 Plus」は、リーズナブルな価格帯を実現したトライバンド対応モデルです。

シンプルさ故に、付加機能自体は少ないですが、全体的に安定した速度を記録。

壁掛けのレイアウトにも対応可能なため、設置スペースに制限がある場合に活用すると便利です!

かつを
壁掛けしたいなら「Deco M9 Plus」ですね!
AC2200 Deco M9 Plusの評価
5Ghz帯
(3.5)
2.4Ghz帯
(4.5)
接続台数
(4.0)
付加機能
(3.0)
操作性
(4.0)
総合評価
(3.5)

8位:ネットギア / Orbi Micro RBK23

推奨間取り最大300m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×4 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

Orbi Micro RBK23」は、親機とサテライトともに片手に収まるくらい、コンパクトなサイズ感が特徴。

最高速度はランキング上位陣には及びませんが、実用十分なレベルで、ルーターから離れた部屋でも、まずまずの速度を記録しています。

かつを
コンパクトなトライバンドメッシュWi-Fiルーターが欲しい人には「Orbi Micro RBK23」がおすすめです!
Orbi Micro RBK23の評価
5Ghz帯
(3.0)
2.4Ghz帯
(4.5)
接続台数
(4.0)
付加機能
(4.0)
操作性
(3.0)
総合評価
(3.5)

9位:リンクシス / VELOP AC3900

推奨間取り最大450m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×2 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

VELOP AC3900」は、最高速度はトライバンドモデルと同程度をマークする事が特徴です。

ビームフォーミングやMU-MIMOといった基本機能もしっかり搭載されています。

しかし、離れた場所での速度がいまいちな口コミもあり、残念ながら9位でのランクインでした。

VELOP AC3900の評価
5Ghz帯
(3.0)
2.4Ghz帯
(4.5)
接続台数
(2.0)
付加機能
(3.0)
操作性
(5.0)
総合評価
(3.0)

10位:ティーピーリンク / AC1300 Deco M5

推奨間取り最大510m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×2 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

AC1300 Deco M5」は、5GHz帯と2.4GHz帯のSSIDをまとめ、電波状況に応じて最適な通信を選択することが特徴なメッシュWi-Fiシステム。

しかし、異なるフロアでの実測値が伸び悩む口コミもあり、離れた場所での速度に不安を抱えています。

AC1300 Deco M5の評価
5Ghz帯
(2.0)
2.4Ghz帯
(2.5)
接続台数
(2.0)
付加機能
(3.0)
操作性
(4.0)
総合評価
(2.5)

番外編:業務用ならネットギア「Orbi Pro SRK60」がおすすめ(2020年4月追記)

推奨間取り最大350m2
対応する規格Wi-Fi5(11ac)
アンテナ5GHz×6 / 2.4GHz×2
IPoEサービス×
メッシュ

業務用にメッシュWi-Fiルーターを導入したい場合、ネットギアの「Orbi Pro SRK60」がおすすめです。

なぜなら、最大3つのSSIDを持っていて、トラフィックを分散できるので、ゲスト用や業務用に最適だから。

最大速度こそ控えめですが、広範囲利用時の速度低下が少なく、安定した通信が行えます。

かつを
お値段は高めですが、業務用にメッシュWi-Fiを導入したい場合は、「Orbi Pro SRK60」がおすすめです!
Oribi Pro SRK60の評価
5Ghz帯
(3.5)
2.4Ghz帯
(4.5)
接続台数
(5.0)
付加機能
(4.5)
操作性
(3.0)
総合評価
(4.0)

メッシュWiFiルーターの代表的なおすすめ5製品(2019年時点の情報)

現在、販売されているメッシュWiFiルーターの代表的なおすすめ5製品は以下のとおり。

代表的な5製品

「Google Wifi」は円盤状のデザインが特徴で、直径10.6cm、高さ6.9cmとメッシュWiFiルーターの中では比較的コンパクトなサイズ感です。

TP-LINKの「Deco M9 Plus」も円盤状の形をしていて、直径13cm、高さは3.8cmと「Google Wifi」に比べると薄型です。

LINKSYSの「VELOP」は四角い縦長の箱の形をしていて、6.5cm×6.5cm×13.5cmと、メッシュWiFiルーターとしてはコンパクトなサイズ感となっています。

NETGEARの「Orbi」は、17.0cm×7.9cm×22.6cmと、メッシュWiFiルーターの中では大きめのサイズ感です。

バッファローの「Connect」は親機と専用中継器で大きさが異なり、親機が直径23cm×高さ7cm、専用中継器が直径13cm×高さ7.3cmとなっています。

かつを

それでは、メッシュWiFiルーターの代表的なおすすめ5製品を詳しく見ていきますね!

メッシュWiFiルーターのおすすめ5製品のスペックを比較(2019年時点の情報)

メッシュWiFiルーターを比較する上で、4つの重要なポイントがあります。

メッシュWiFiルーターを比較する4つのポイント
  1. 最大通信速度:どれだけ速い速度で通信できるか?
  2. バンド数:周波数帯の異なる複数の電波を利用できるか?
  3. 有線LANポート数:有線LANのデバイスがいくつまで接続できるか?
  4. CPU:複数の周波数帯の通信を同時に処理できるか?

通信速度が速いほど、ページを表示するまでの待ち時間や動画のダウンロード時間が短くなり、ストレスなく通信できるようになります。

かつを

通信速度は速い方が良いです!

バンド数は、近年のWiFiルーターでは『2.4GHz』と『5.0GHz』の周波数帯の異なる複数の電波を持つ『デュアルバンド方式』が主流です

なぜなら、2.4GHzにはゲーム機やロボット掃除機を、5.0GHzにはスマホやパソコンという『繋ぎ分け』をすることで、周波数毎のネットワークの負荷を抑えられるから。

かつを

バンド数は複数ある方が良くて、最近では3種類の電波が利用できる『トライバンド』のWiFiルーターも多いです!

有線LANポート数は、そのまま有線LANで繋ぐデバイスの数に直結します。

かつを

有線LANで接続したいデバイスを複数持っている人は要チェックですね!

CPUは、通信の処理能力に関わってきます。

極端な例ですが、シングルコアと呼ばれるコアが1つしかないCPUの場合、2.4GHz帯と5.0GHz帯の複数の電波を利用したくても、1つずつの電波しか処理できないため、通信速度が遅くなってしまいます。

しかし、マルチコアなら周波数帯の異なる複数の電波でも同時に処理できるので、通信速度はより早くなります。

かつを

CPUのコア数は多い方がいいです!

以上の4つのポイントを踏まえた上で、メッシュWiFiルーターの代表的な5製品のスペックを比較していきましょう。

製品最大通信速度バンド数有線LANポート数CPU
Google Wifi【2.4GHz】300Mbps
【5.0GHz】867Mbps
2種類2個クアッドコア
Deco M9 Plus【2.4GHz】400Mbps
【5.0GHz x 2】867/867Mbps
3種類2個クアッドコア
VELOP【2.4GHz】400Mbps
【5.0GHz x 2】867/867Mbps
3種類2個クアッドコア
Orbi【2.4GHz】400Mbps
【5.0GHz x 2】1733/866Mbps
3種類4個クアッドコア
Connect【2.4GHz】400Mbps
【5.0GHz x 2】867/867Mbps
3種類3個クアッドコア

5製品の違いを1つずつ確認していきましょう。

最大通信速度は「Orbi」が最大『1733Mbps』と最も速く、「Deco M9 Plus」「VELOP」「Connect」「Google Wifi 」が867Mbpsですが、「Google Wifi 」の2.4GHzのみ300Mbpsです。

バンド数は「Google Wifi」のみ2種類の『デュアルバンド』で、それ以外の4製品は3種類の『トライバンド』となっています。

有線LANのポート数は「Orbi」が4つで最も多く、「Connect 」が3つ、「Google Wifi」「Deco M9 Plus」「VELOP」は2つです。

CPUは5製品すべて『クアッドコア』で同じとなっています。

かつを

通信速度で選ぶなら「Orbi」一択ですね!

メッシュWiFiルーターのおすすめ5製品のセキュリティを比較(2019年時点の情報)

メッシュWiFiルーターのセキュリティ面を比較する上で2つのポイントに注目しました。

セキュリティ面の比較ポイント
  1. アンチウィルス機能の有無:ウィルス対策ソフトがあるか?
  2. ペアレンタルコントロールの有無:子供のWiFiデバイスの利用を制限できるか?
[/box]

メッシュWiFiルーターのセキュリティ面を比較した結果は以下のとおりです。

製品アンチウィルス機能ペアレンタルコントロール
Google Wifi
Deco M9 Plus
VELOP
Orbi
Connect

ペアレンタルコントロールに関しては、5製品すべてに機能が備えられています。

一方で、アンチウィルス機能は「Deco M9 Plus」だけが備えていて、それ以外の4製品では備えていません。

ただ、アンチウィルス機能を備えていない4製品が安全に配慮していない訳ではなく、ソフトウェアアップデートを自動更新で行うことで外部からの脅威に常に備えています。

かつを

セキュリティ面を重視したい人は「Deco M9 Plus」がおすすめです!

メッシュWiFiルーターのおすすめはどれ?(2019年時点の情報)

メッシュWiFiルーターのおすすめをまとめると、機能面を重視したい人は「Orbi」、コンパクトなメッシュWiFiが欲しい人は「VELOP」、コスパに優れたメッシュWiFiが欲しい人は「Deco M9 Plus」です。

メッシュWiFiルーターのおすすめ
  • 通信速度を優先したい → Orbi
  • 複数のデバイスを有線LANで接続したい → Orbi
  • コンパクトなルーターが欲しい → VELOP or Google Wifi
  • セキュリティ面を優先したい → Deco M9 Plus
  • 安くてコスパに優れたものが欲しい → Deco M9 Plus

かつを

僕の個人的なイチオシは、コスパに優れた「Deco M9 Plus」です!

通信速度と有線LANポートの接続数は確かに「Orbi」が頭1つ抜けています。

しかし、「Orbi」は機能こそ優秀ながらサイズが結構大きいのがネックで、17.0cm×7.9cm×22.6cmと他のメッシュWiFiルーターと比較しても一回り大きいサイズ感です。

また、速度と有線LANポート数以外の部分は他の機種も同性能。

かつを

そうなってくると、やっぱり気になるのはコスト面ですよね…

今回紹介した中のトライバンドのメッシュWiFiの中では、「Deco M9 Plus」が最も安く2セット(WiFiルーター+サテライト)で2万円代。

性能面では大きな差はないけれど、他の機種は3万円代ということを考えると、「Deco M9 Plus」が最もコスパに優れた製品です。

かつを

Deco M9 Plus」はセキュリティ面でも独自のメリットがあるから安心ですよ!

結論:メッシュWiFiルーターのおすすめを比較した結果『WRM-D2133HP/E1S』が1番

本記事は「【2020年】メッシュWiFiルーターのおすすめ徹底比較ランキング【Google VELOP Orbi TP-Link バッファロー】」について書きました。

メッシュWi-Fiルーターで、個人的に最もおすすめなのが、バッファローの『WRM-D2133HP/E1S』です。

また、業務用にメッシュWi-Fiルーターを導入したい場合、ネットギアの「Orbi Pro SRK60」がおすすめ。

かつを
自分のライフスタイルに合うメッシュWiFiルーターを選ぶようにしましょう!

最後に、今回ご紹介した、2020年最新版のメッシュWiFiルーターランキングをまとめておきます。

どうも、かつを(@katsuwoyade)でした。

>>なぜ、メッシュWi-Fiを選ぶ?中継器との違い・メリットデメリットを解説

なぜ、メッシュWi-Fiがおすすめなのか?中継器との違い・メリットデメリットを解説のアイキャッチ画像 なぜ、メッシュWi-Fiを選ぶ?中継器との違い・メリットデメリットを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA