Amazonでタイムセール開催中!セール会場はこちら

【2019年】高齢者&シニア世代におすすめのタブレット5選!【ボケ防止にも】

【2019年】高齢者&シニア世代におすすめのタブレット5選!【ボケ防止にも】のアイキャッチ画像

本記事は「ボケ防止に使える高齢者・シニア世代におすすめのタブレット」について解説しています。

どうも、タブレットを日々愛用しているかつを(@katsuwoyade)です。

『自分の両親が高齢者で、孫とのビデオ通話用やボケ防止のためにタブレットをプレゼントしたいけれど、種類が多くてどれがおすすめかわからない』

というお悩みをお持ちの方へ。

ひとえにタブレットといっても、その性能から価格まで多岐にわたっています。

単に安いからという理由でタブレットを選ぶと、実用性の悪い低性能のモデルとなってしまいます。

かつを

安物買いの銭失いはしたくないですよね…

でも安心してください。

タブレットを日々愛用している僕が、必要最低限の機能に絞り、高齢者・シニア世代におすすめできるタブレットを5つ厳選しました。

かつを

ちょうどいいコスパの良いモデルを選びましたよ!ボケ防止にも使えます!

という訳で、本記事は「【2019年】高齢者&シニア世代におすすめのタブレット5選!【ボケ防止にも】」について書いています。

【ボケ防止】高齢者・シニア世代におすすめのタブレットを選ぶポイントとは?

高齢者・シニア世代におすすめのタブレットを選ぶポイントは5つ。

高齢者・シニア世代におすすめのタブレットを選ぶポイント
  1. タブレットの画面の大きさ
  2. CPU・RAMの性能
  3. 解像度
  4. バッテリー容量
  5. 本体重量

 

かつを

高齢者・シニア世代の方には必要な機能を絞ったタブレットがおすすめです!

それでは、これらのポイントを1つずつ解説していきます。

画面サイズが9インチ以上のタブレットがおすすめ

高齢者・シニア世代の方には画面サイズが『9インチ以上』のタブレットがおすすめ。

なぜなら、視力が低下したお年寄りの方にとってスマホのような小さい画面はとても見づらいからです。

かつを

画面が大きければそれだけ文字サイズも大きくできますからね!

iPhone 8の画面サイズが4.7インチ、スマホでは大きいとされるiPhone Xでも5.7インチなので、7インチ程度のタブレットでは正直スマホの画面とそこまで大きく変わりません。

そのため、タブレットの画面サイズは最低でも『9インチ』は欲しいところ。

かつを

高齢者の方が専用に使うのであれば、10インチ以上のタブレットが理想的ですね!

CPUがクアッドコア以上、RAM2GBのタブレットがおすすめ

高齢者・シニア世代の方には『CPUがクアッドコア以上』、『RAMが2GB以上』のタブレットを選べばOKです。

『CPU』と『RAM』はタブレットの処理能力を決める上で重要な指標。

タブレットの『CPU』に関してはおおよそ下記のようなイメージで問題ありません。

タブレットのCPU
  • クアッドコア:まずまず
  • オクタコア:ハイスペック

タブレットの『RAM』に関してはざっくりこんなイメージです。

タブレットのRAM
  • 1GB:イマイチ
  • 2GB:そこそこ
  • 3GB:かなり良い感じ
  • 4GB:ハイスペック

高齢者がタブレットを使う場面を想定すると、動画視聴やビデオ通話やLINEでの連絡が主たるところと想像できます。

正直いって、ハイスペックなタブレットって必要ないです。

かといって性能が低すぎると普段使いでも困ることがあります。

高齢者にとって必要最低限のちょうど良いラインが『CPUがクアッドコア』『RAMが2GB』のタブレットなんです。

解像度が1280×800(WXGA)クラス以上のタブレットがおすすめ

高齢者・シニア世代には解像度が『1280×800(WXGA)クラス』以上のタブレットがおすすめです。

10インチサイズのタブレットの場合、解像度に関してはおおよそ以下のようなイメージになります。

タブレットの解像度
  • 1280×800(WXGA):そこそこ
  • 1920×1200(WUXGA):かなり綺麗
  • 2560×1600:ハイスペック

ここもCPUやRAMのときの考え方と同様、高齢者の方が使う場面を考えると、必要最低限のスペックで問題ありません。

そのため、解像度が『1280×800(WXGA)クラス』以上のタブレットを選んでおけばOKです。

バッテリー容量5000mAh以上のタブレットがおすすめ

高齢者・シニア世代の方にはバッテリー容量が『5000mAh』以上のタブレットがおすすめです。

バッテリー容量が大きいほど、より長い時間連続して動画視聴やビデオ通話が可能となります。

5000mAh以上のバッテリー容量があれば、ビデオ通話が連続して3時間以上は可能です。

かつを

バッテリー容量が多いタブレットなら、お孫さんとのビデオ通話も時間を気にせずできますね!

したがって、バッテリー容量が5000mAh以上のタブレットを選びましょう。

本体重量600g以下のタブレットがおすすめ

高齢者・シニア世代の方には『本体重量が600g以下』のタブレットがおすすめです。

あまりに重いタブレットを選んでしまうと、持ち運びした際に誤って足に落とした場合に最悪骨折してしまうことも考えられます。

600g以下であれば、500mLのペットボトル1本程度の軽さなので、持ち運びも簡単です。

また、誤ってタブレットを足に落とした場合のリスクも少なくなります。

したがって、本体重量が600g以下のタブレットを選ぶようにしましょう。

高齢者・シニア世代におすすめのタブレット【ボケ防止】

前章までの内容をまとめると、高齢者・シニア世代におすすめのタブレットを選ぶポイントは以下のとおりです。

高齢者・シニア世代におすすめのタブレットを選ぶポイント
  1. 画面サイズは9インチ以上
  2. CPUはクアッドコア、RAMは2GB
  3. 解像度は1280×800(WXGA)クラス以上
  4. バッテリー容量は5000mAh以上
  5. 本体重量は600g以下

そんな訳で、数あるタブレットの中から、これらの条件を満たすタブレットを集めました。

かつを

それがこちらの5製品です!

これら5製品の主なスペックを比較しました。

製品名HUAWEI
MediaPad T5 10
Amazon
Fire HD 10
Dragon Touch
K10
BENEVE
M1031
Apple
iPad Air
CPUオクタ(8)コアクアッド(4)コアクアッド(4)コアクアッド(4)コアヘキサ(6)コア
RAM2GB2GB2GB2GB3GB
ストレージ16GB32GB/64GB16GB32GB64GB/256GB
microSDカードスロット有り有り有り有り無し
バッテリー容量5100mAh非公開(連続10時間)5000mAh5000mAh8100mAh
解像度1920×1200(WUXGA)1920×1200(WUXGA)1280×800(WXGA)1920×1200(WUXGA)2048 x 1536
本体重量467g500g587g非公開456g

これら5製品は、いずれも高齢者・シニア世代にとって使いやすい価格と機能のバランスの取れたタブレットです。

かつを

iPad Air」だけ少々オーバースペックですが、やはりiOSの使いやすさは外せなかったので、候補として入れています!

【ボケ防止】高齢者&シニア世代におすすめのタブレットまとめ

本記事は「【2019年】高齢者&シニア世代におすすめのタブレット5選!【ボケ防止にも】」について書きました。

タブレットがあることで、大画面でのお孫さんとのビデオ通話が可能になったり、演歌をYouTubeで視聴したり、ゲームアプリで頭を使ってボケ防止になったりと、生活を豊かにしてくれます。

今回紹介したタブレットは、高齢者・シニア世代の方にとってちょうどいい、必要最低限の機能が詰め込まれた製品です。

かつを

しかも安いんですよねー!

本記事で紹介したタブレットであれば、間違いなく満足できる1台となるはずです。

どうも、かつを(@katsuwoyade)でした。

【2019年】コスパ最強の安い10インチおすすめタブレット8選【1万円から買える】のアイキャッチ画像 【2019年】コスパ最強の安い10インチ・8インチおすすめタブレット16選【1万円から買える】 【2019年版】iPadと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器【おすすめ】のアイキャッチ画像 【2019年版】iPadと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器9選【おすすめ】 「Lomicall タブレット/iPadスタンド」のレビューのアイキャッチ画像 【Lomicall タブレット/iPadスタンド レビュー】角度自在で安定感抜群のスタンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA