Amazonサイバーマンデーセールのおすすめ商品まとめ!

【野球】DH(指名打者)とは?知っていると野球がもっと楽しくなる!

【野球】DH(指名打者)とは?のアイキャッチ画像

本記事では「野球のDH(指名打者)」について、小学校からの野球歴15年以上のかつをが、徹底的に解説します。

『野球のDH(指名打者)ってそもそもなに?』

『野球のDH(指名打者)制はどんな意味があるの?』

という疑問にお答えします。

この記事を読む事で、DH(指名打者)に関する疑問が解消され、野球を見るのが今よりもっと楽しくなりますよ!

DH(指名打者)以外の野球の各ポジションの特徴について知りたい方は、
>>野球のポジション・守備位置の特徴を野球経験15年以上の僕が徹底解説
という記事で各ポジションの特徴・役割をまとめていますので、一度読んでみて下さいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

【野球】DH(指名打者)とは?

DH(指名打者)とは打撃専門の選手のこと

DH(指名打者)とは、「打撃を専門に行う選手のこと」を指します。

DHの選手は守備には付かないため、打力はあるけど守備力が無いので使いづらい…なんていう選手でも活躍する機会を持つことが出来る制度です。

DHとは「Designated Hitter」の英語表記の略。日本語では「指名打者」と呼ばれています。

DH(指名打者)の役割

DH(指名打者)の選手は、守備には付かずに投手の代わりに打席に立つ事が役割です。

打撃専門の選手なので、守備力は一切度外視でき、打力だけを見て選手起用する事が出来ます。

投手としては打席に立つ必要がなくなるので投球に専念出来ますし、守備力に自信はないけれども打撃に自信がある選手の起用場所として、DH(指名打者)は非常に大切な役割を持っています。

DH(指名打者)の知って得するルール

DH(指名打者)として起用された選手は、必ず一度打席に立ち、打席を完了させる必要があるというルールがあります。

このルールがプロ野球の世界でも適用された事があります。

2011年の広島対オリックスの交流戦での出来事。

広島は7番・DHに偵察要因として投手の今村選手を先発起用していました。

しかし、DHの選手は必ず一度打席に立つ必要があるため、代打を出す事が出来ずに、投手の今村選手がDHとして打席に立つという事態が発生しました。

当時の広島の監督は野村謙二郎監督。

プロ野球の監督ですら見落としてしまうルールがあるなんて、驚きですよね。

DH(指名打者)制は様々なリーグで採用されている

DH制は日本プロ野球界ではパリーグに採用されています。

また、パリーグ以外にもさまざまなリーグでDH(指名打者)制が採用されており、メジャーリーグではア・リーグで、日本の独立リーグや社会人野球でも採用されている、メジャーな制度です。

WBCの国際試合でも採用されていますね。

DH(指名打者)の有無が交流戦の結果に大きな差を生んでいる

DH(指名打者)制の有無が、現状ではセリーグとパリーグの戦力の差に大きな違いを生んでいます。

交流戦はパリーグが大きく勝ち越している

2005年からスタートしたプロ野球のセリーグとパリーグの交流戦。

通算成績を振り返ると、パリーグが大きく勝ち越しています。

交流戦の勝敗表
年度
2005
104
105
2006
107
108
2007
66
74
2008
71
73
2009
70
67
2010
59
81
2011
57
78
2012
66
67
2013
60
80
2014
70
71
2015
44
61
2016
47
60
2017
51
60
2018
48
59
通算
920
1044

ほぼ五分五分の年もありますが、セリーグが勝ち越したのはなんと2009年の1回だけ。

残りは全てパリーグが勝ち越しています。

これには、DH制の有無が1つの理由と考えられています。

パリーグはDH(指名打者)が有る前提で編成を組むので有利

セリーグではDH制が採用されていないため、そもそもDH専用の選手を戦力として編成の時点で用意していません。

パリーグでは、例えどれだけ守備が下手でも、打撃に定評のある選手をDH(指名打者)として起用する事が出来るため、編成の時点で打力に自信のある優秀な選手(外国人である事も多い)を用意しています。

そのため、セリーグでDHとして起用される選手は、パリーグのDHの選手と比較すると、打力が劣る選手が起用される事が多く、どうしてもパリーグ優位な状況となってしまいがち。

また、打力に自信があるけれど守備に自信の無い若手の選手が、DH(指名打者)として1軍で経験を積むことも可能なので、セリーグと比べるとその差は開く一方ですよね。

一方、セリーグ主催試合でDH制が無い場合は、セリーグはいつも通りの戦い方で、パリーグはDH制の選手がそのまま代打として待機する事が出来ます。

以上の理由から、DH(指名打者)の有無が、交流戦でパリーグが大きく勝ち越している要因の1つであると考える事が出来ます。

歴代のDH(指名打者)部門ベストナイン受賞者

ここでは、歴代のパリーグでのDH(指名打者)部門でのベストナイン受賞者をご紹介します。

年度
受賞者
所属球団
2018
近藤健介
日本ハム
2017
デスパイネ
ソフトバンク
2016
大谷翔平
日本ハム
2015
李大浩
ソフトバンク
2014
中村剛也
西武
2013
アブレイユ
日本ハム
2012
ペーニャ
ソフトバンク
2011
フェルナンデス
西武
2010
福浦和也
ロッテ
2009
山﨑武司
楽天
2008
ローズ
オリックス
2007
山﨑武司
楽天
2006
セギノール
日本ハム
2005
松中信彦
ソフトバンク
2004
セギノール
日本ハム
2003
カブレラ
西武
2002
和田一浩
西武
2001
ボーリック
ロッテ
2000
ウィルソン
日本ハム
1999
クラーク
近鉄
1998
ウィルソン
日本ハム
1997
マルティネス
西武
1996
ニール
オリックス
1995
ニール
オリックス
1994
ブライアント
近鉄
1993
ブライアント
近鉄
1992
デストラーデ
西武
1991
デストラーデ
西武
1990
デストラーデ
西武
1989
門田博光
オリックス
1988
門田博光
南海
1987
石嶺和彦
阪急
1986
石嶺和彦
阪急
1985
リー
ロッテ
1984
リー
ロッテ
1983
門田博光
南海
1982
ソレイタ
日本ハム
1981
門田博光
南海
1980
マニエル
近鉄
1979
マニエル
近鉄
1978
土井正博
クラウン
1977
高井保弘
阪急
1976
大田卓司
太平洋
1975
長池徳二
阪急

全体的にみると、やはり外国人選手の活躍が目立っていますね。

どの球団も、DHとしては打力に自信のある外国人選手を起用する事が多いためと考えられます。

結論:DH(指名打者)は打撃専門の選手で、プロ野球ではパリーグで採用されている

本記事では「DH(指名打者)とは?」という観点で、DH(指名打者)に関する情報を掘り下げて解説しました。

パリーグでは当たり前のように導入されているDH(指名打者)制度ですが、思わぬ所でセリーグとパリーグの戦力差の一因となってしまっているようです。

DH(指名打者)以外の野球の各ポジションの特徴について知りたい方は、
>>野球のポジション・守備位置の特徴を野球経験10年以上の僕が徹底解説
という記事をご覧ください。

以上、「【野球】DH(指名打者)とは?知っていると野球がもっと楽しくなる!」という記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA