Amazonチャージで1000円キャンペーン

【KN-HW24E レビュー】ヘルシオホットクックは共働き子育て世代こそ必須の家電!

今回は、SHARPの電気圧力鍋・ホットクック「KN-HW24E」のレビューについて書いています。

  • ヘルシオ ホットクックに興味があるけど、詳しい使用感やレビューを知りたい
  • 新作「KN-HW24E」と前機種「KN-HW24C」の違いを知りたい
  • KN-HW24E」と「KN-HW16E」の違いを知りたい

という疑問にお答えします!

かつを
忙しいけど自炊したい人、楽したい人はぜひご検討を!
ヨメ
うちは共働きだから、ほんと買って良かったね〜!

というわけで、本記事は「【KN-HW24E レビュー】ヘルシオホットクックは共働き子育て世代こそ必須の家電!」について書いています。

【KN-HW24Eレビュー】外観・特徴・付属品

KN-HW24E」は電気と圧力の力で、材料を入れるだけで、自動で調理をしてくれる電気圧力鍋です。

KN-HW24Eの外観画像

炊飯器のような形をしていて、蓋の部分がぱかっと開きます。

KN-HW24Eは炊飯ジャーのようにぱかっと開く

2.4Lの大容量で、幅39.5cm×奥行30.5cm×高さ24.9cmと、かなり大きなサイズ感が特徴。

我が家の5合炊きの炊飯器と大きさを比較したところ、圧倒的に「KN-HW24E」の方が大きいです。

KN-HW24Eと炊飯器の大きさを比較した画像

かつを
ホットクックの存在感が凄まじいですね…!

操作画面の文字も大きいので、とても見やすくストレスがありません。

KN-HW24Eの液晶画面の文字は大きく、ボタンも感覚的に操作しやすい配置

ボタンも押しやすく、直感的に操作できるので、とても使いやすいです。

KN-HW24Eの操作画面を操作している時のgif動画。ボタンの配置もよく操作がしやすい。

ホットクック本体の他に、以下の付属品と取り外し可能な部品があります。

  • 内鍋
  • 内ぶた
  • まぜ技ユニット
  • 保存専用フタ
  • 蒸し板
  • 蒸気口カバー
  • つゆ受け

KN-HW24Eの付属品と、取り外し可能な部品は全部で7点

かつを
保存専用ふたは食材の保管時に、蒸し板は蒸し料理の時だけ使います!

まぜ技ユニットが調理中に回転するので、具材のかき混ぜも自動で可能です。

また、取扱説明書と、レシピブックも付属しています。

KN-HW24Eには取扱説明書と、100種類以上のメニューが書かれたレシピブックが付属している

レシピブックには、100種類以上のレシピが記載されているので、何から作ろうか迷うレベルです。

KN-HW24Eのレシピブックには100種類以上のメニューが記載されている

ヨメ
これだけメニューが充実してくれてると、ほんと助かるー!

KN-HW24E」にはWi-Fi機能が搭載されているので、ネットに接続することで、様々なメニューをダウンロードできます。

かつを
季節の料理や、高評価のメニューといった情報も見れるのは嬉しいですね!

KN-HW24E」の使い方は、とっても簡単。

STEP1
材料と調味料を内鍋に入れる

カットした材料と調味料を、全て内鍋に放り込みます。

KN-HW24Eの内鍋にシチューの材料を放り込んだ画像

かつを
入れる順番は、しっかりレシピブックに記載されています!
STEP2
メニューを選び、調理をスタート
メニューを選び、スタートボタンを押します。

KN-HW24Eの操作画面を操作している時のgif動画。ボタンの配置もよく操作がしやすい。

調理完了までの残り時間は、操作画面に表示されます。

KN-HW24Eの調理残り時間は、操作画面に表示されます。

STEP3
完成

後は待つだけで、料理が完成します。(シチューの調理時間は45分でした)

KN-HW24Eでシチューが完成した画像

かつを
最大12時間、保温可能ですし、再調理でもう一度火にかけることもできます!

KN-HW24Eのいまいちなところ

KN-HW24E」を使っていて、イマイチだな…と感じたところは、正直にいうと2つあります。

KN-HW24Eのいまいちなところ
  • サイズが大きいのでキッチンが狭いと置き場所に困る
  • 専用のスマホアプリ「COCORO KITCHEN」が使いづらい
かつを
特にサイズ感は、購入前にしっかり検討しておきましょう…!

サイズが大きいのでキッチンが狭いと置き場所に困る

KN-HW24E」は、6人前の料理を一度に作れる、2.4Lの大容量がゆえに、本体のサイズがとても大きく、狭いキッチンだと置き場所にかなり苦労します。

KN-HW24Eは6人前の料理が同時に作れる、2.4Lの大容量ゆえに、キッチンが狭いと置き場所には困る

KN-HW24Eのサイズ
  • 幅:39.5cm
  • 奥行:30.5cm
  • 高さ:24.9cm

我が家の5合炊きの炊飯器と大きさを比較したところ、明らかに「KN-HW24E」の方が大きいです。

KN-HW24Eと炊飯器の大きさを比較した画像

我が家は対面キッチンの部分にスペースがあったので事なきを得ましたが、狭いキッチンの場合は、置き場所の確保に苦労します。

ヨメ
我が家も、前に住んでたL字型のキッチンだと、別に置く場所を作らないとスペース無かったよね…
かつを
置き場所の確保が難しい場合、一回りサイズが小さい「KN-HW16E」も併せて検討してみて下さい!

専用のスマホアプリ「COCORO KITCHEN」の会員登録に不具合(仕様?)がある

KN-HW24E」には、専用のスマホアプリ「COCORO KITCHEN」があり、アプリの使用には会員登録が必要なのですが、そこで不具合(仕様?)がありました。

登録したメールアドレス宛に、認証コードが届き、その認証コードを入力する必要があります。

「COCORO KITCHEN」の会員登録時に、認証コードを入力する必要があるが、ホーム画面に戻るとなぜか画面がリセットされる不具合のため、登録に苦労した

しかし、

認証コードを確認するために、メールアプリでメールを確認してアプリに戻る

なぜか「COCORO KITCHEN」のアプリが初期画面に戻っており、再度会員登録する必要がある

いつまで経っても認証コードが入力できない

という不具合のため、会員登録にかなり手間取りました。

かつを
最終的には、スマホアプリの画面はそのままで、パソコンでメールを確認して何とかできました…

後から気付いたのですが、認証コードの入力画面に以下のように記載されていました。

 

かつを
ホームボタンを押して戻ったけど、ダメだったんですよね…この仕様はマジで改善して欲しい…

アプリを使うための会員登録には不満がありますが、アプリ自体の使い勝手は割と便利です。

アプリのトップ画面には、おすすめのメニューが画像付きで表示されています。

「COCORO KITCHEN」のアプリからホーム画面に戻り、再度アプリを開くと、なぜか会員登録の画面に戻される

特に便利なのが、材料からメニューを検索できる機能。

「COCORO KITCHEN」の材料からメニューが検索できる機能はめちゃくちゃ便利

例えば「じゃがいも にんじん たまねぎ」と検索すると、これらの材料を使うメニューを表示してくれます。

「じゃがいも にんじん たまねぎ」と検索すると、これらの材料を使うメニューを表示してくれる

かつを
いま冷蔵庫にある食材からメニューを検索できるのは、めちゃくちゃ便利!

アプリで表示される各メニューには、必要な材料と作り方が画像付きで記載されています。

スマホアプリの各メニューには、必要な食材と作り方と画像が記載されている

作り方には、内鍋に材料を入れた時の参考画像もあるので、とても分かりやすいです。

食材を鍋に入れた時のイメージ画像もあるので、とても分かりやすい

会員登録時の謎の不具合(仕様?)には困りましたが、アプリ全体の使い勝手としては満足しています。

かつを
スマホアプリと家電の連携は、まさにIoT家電といった感じで面白いですね!

KN-HW24Eを使って感じたよかったところ

KN-HW24E」を実際に使ってみて、よかったと感じたところは、主に以下の3つです。

KN-HW24Eのよかったところ
  • 時間が有効活用できる!
  • 献立を考えるストレスから解放される!
  • メニューが豊富で飽きない!
かつを
購入前と後を比べると、明らかに幸福度が上がりましたよ〜!

時間が有効活用できる

KN-HW24E」のおかげで、時間が有効活用できるようになりました。

自分で煮込み系の料理をすると、火加減の調整だったり、途中でかき混ぜたりで、中々キッチンを離れられません。

かつを
ホットクックなら、材料と調味料を鍋に入れたら、自動で調理してくれるので、あとは待つだけ!

流れとしては、

最初にホットクックの料理を仕込む

ホットクックの自動調理中に、他の料理や家事を済ませる

と効率的です。

ヨメ
待ってる間に、もう1品料理を作ったり、他の家事が出来るから助かるー!

また、予約調理も可能(最大15時間後まで)なので、

  • 朝に材料を仕込んでおき、夜の帰宅時に出来立ての料理が食べられる
  • 夜寝る前に材料を鍋に入れ、朝起きたらすぐにホカホカのできたてご飯が待ってくれてる

ということも出来ます。

かつを
KN-HW24E」を買ったおかげで、時間を有効活用できるようになりました!

献立を考えるストレスから解放される!

毎日の献立を考えるのって、本当に大変ですよね。

ヨメ
子供の栄養面とか含めて、きちんと考えるのって、地味にストレス…

KN-HW24E」なら100種類以上あるメニューの中から、食べたい料理を選べば良いので、献立を考えるストレスから解放されました。

スーパーへの買い出しも、このレシピを元に、必要な物だけ買えば良いので、楽ちんで、無駄な買い物が減らせます。

かつを
毎日の献立を考えるストレスから、見事に解放されました!

メニューが豊富で飽きない!

KN-HW24E」は、100種類以上メニューがあり、さまざまな料理を作れるので、飽きることがありません。

かつを
しかも、Wi-Fi機能搭載で、ネットに接続すれば、新しいメニューもダウンロードできます!

個人的に、特に美味しかったのは「シチュー」で、ルー不要で、驚くほど美味しかったです。

KN-HW24Eで作れる料理の中で、個人的なイチオシはシチュー。ルーなしで手軽に作れるが、味は抜群だった

鶏肉はしっとり柔らかく、じゃがいもも煮崩れすることなく、しっかり火が通っていました。

かつを
2歳の子供が、おかわりするくらい気に入ってくれましたよ!

KN-HW24Eのよくある質問と回答

ここでは、「KN-HW24E」のよくある質問と回答をまとめました。

かつを
購入前に、ぜひ参考にして下さい!

KN-HW24Eがおすすめな人は?

ホットクック「KN-HW24E」は、

  • 共働き子育て世代
  • 忙しいけど、自炊で美味しい料理を食べたい

という人におすすめです。

かつを
中々料理に使える時間が取れないけれど、自炊で出来立ての美味しい料理をしっかり食べたい!

という人は、楽をしつつ、いつでも出来立てで美味しいご飯を食べれるので、毎日の幸福度が上がること間違いなしです。

KN-HW24Eのお手入れは簡単?

KN-HW24E」のお手入れは、とっても簡単でした。

毎回のお手入れが必要なパーツは、以下の5つです。

  • 内鍋
  • 内ぶた
  • まぜ技ユニット
  • つゆ受け
  • 蒸気口カバー

KN-HW24Eのお手入れが必要なパーツは内鍋、内ぶた、まぜ技ユニット、つゆ受け、蒸気口カバーの5つ

直接食材に触れる、内鍋とまぜ技ユニット以外の部品は、それほど汚れるわけではないので、さっと水洗いで十分なレベルです。

MEMO
内鍋以外のパーツは、食洗機にも対応しています。
かつを
食洗機がある人は、内鍋だけ手洗いし、残りは食洗機に放り込むだけなので、とっても楽ちんですよ!

KN-HW24EとKN-HW16Eの違いは?

KN-HW24E」と「KN-HW16E」の大きな違いは、価格とサイズ感です。

 KN-HW24EKN-HW16E
価格(2020/5/4のAmazon)¥65,500¥56,400
容量2.4L(最大6人前)1.6L(最大3〜4人前)
本体サイズ幅39.5cm×奥行30.5cm×高さ24.9cm幅36.4cm×奥行28.3cm×高さ23.2cm
MEMO
KN-HW24E:4〜6人前の料理が一度に作れる。サイズは大きい
KN-HW16E:2〜3人前の料理が一度に作れる。サイズは一回り小さい。

といったイメージなので、

  • 家族の人数
  • 作り置きをしたいかどうか
  • キッチンでの置き場所

を含めて、あなたの家庭にあった機種を選ぶようにしましょう。

かつを
我が家は3人家族ですが、作り置きをしたい&キッチンのスペースに余裕があったので「KN-HW24E」を選びました!

KN-HW24EとKN-HW24Cの違いは?

新作「KN-HW24E」と前モデル「KN-HW24C」の主な違いを以下にまとめました。

比較項目新モデル「KN-HW24E前モデル「KN-HW24C
本体サイズ幅39.5cm×奥行30.5cm×高さ24.9cmで一緒
定格容量2.4L(最大6人前まで一度に作れる)
メニュー数155種類
無線LAN機能
カラー白と赤の2種類赤のみ
煮詰め機能×
火加減の調整×
混ぜ具合の調整×
ヘルシオデリ対応×
価格(Amazon:2020/5/4時点)¥65,500¥49,800
  • 本体サイズ
  • 定格容量
  • 作れるメニュー数
  • 無線LAN機能

は同じです。

以下では、違う部分を詳しく解説しますね。

カラー

新作「KN-HW24E」と前モデル「KN-HW24C」では、カラー展開が違います。

前モデル「KN-HW24C」では、赤色の1色だけでしたが、新作「KN-HW24E」では、赤色の他に、白色が追加されました。

KN-HW24Eには赤色だけでなく、白色が追加された

とても特徴的な赤色と、シンプルな白色の2色展開なので、あなた好みのデザインを選べます。

かつを
特に白物家電で統一してる人なんかは、白色が追加されたのは嬉しいですよね!

煮詰め機能・火加減調整・混ぜ具合の調整が追加

新作「KN-HW24E」では

  • 煮詰め機能
  • 火加減調整
  • 混ぜ具合の調整

といった機能が新しく追加されました。

煮詰め機能により、蓋を開けた状態での調理も可能となりました。

かつを
水分を飛ばして照りを出したい時など、煮詰め機能が使えるので便利です!

また、火加減は「強火/中火/弱火」の3種類から、混ぜ具合は「混ぜない/たまに混ぜる/よく混ぜる/高速で混ぜる」の4種類から選べます。

KN-HW24Eには、手動時の火加減の調整機能や、混ぜ具合の調整機能が追加されている

例えば、崩れやすい食材がなく、味を均一にしたいドライカレーなどは、しっかり混ぜて味を均一にする。

逆に、形を崩したくない、ミルフィーユ煮等は、混ぜないでしっかり煮込む、といった料理による使い分けができます。

かつを
新作「KN-HW24E」にしかない機能なので、これは嬉しいポイントですね!

価格

2020年5月時点での、Amazon・楽天での価格は以下の通りです。

 新作「KN-HW24E
前モデル「KN-HW24C
Amazon¥65,500¥49,800
楽天¥64,152¥55,043
かつを
1〜1.5万円程度の価格差がありますね!

おまけ:KN-HW24Eで作って美味しかった料理

ここでは、ホットクック「KN-HW24E」で作って美味しかった料理をご紹介します。

かつを
随時更新していきますね!

クリームシチュー

KN-HW24Eでシチューが完成した画像

KN-HW24Eで作れる料理の中で、個人的なイチオシはシチュー。ルーなしで手軽に作れるが、味は抜群だった

キーマカレー

KN-HW24Eでキーマカレーを作った画像。油を使わないのでヘルシーで美味しかった

まとめ:KN-HW24Eは共働き子育て世代に必須の調理家電でした

以上、「KN-HW24E」のレビューでした。

最後に、いまいちだった点と、よかった点をまとめておきます。

KN-HW24Eのいまいちなところ
  • サイズが大きいのでキッチンが狭いと置き場所に困る
  • 専用のスマホアプリ「COCORO KITCHEN」が使いづらい
KN-HW24Eのよかったところ
  • 時間が有効活用できる!
  • 献立を考えるストレスから解放される!
  • メニューが豊富で飽きない!

ホットクックは、共働き&子育て世代に向いている家電です。

かつを
仕事が終わったあと、子供の面倒を見ていたら料理を作る暇がない…
ヨメ
でも、美味しいご飯をお家でゆっくり食べたい!

という悩みは、ホットクックを導入すれば、ばっちり解決しちゃいます!

我が家では暮らしの幸福度が確実に上がったので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうも、かつをでした!

在宅勤務/テレワークで必要なもの&便利グッズ21選!【2020年最新版】 【2019年】おすすめのIoT家電・スマート家電5選!【暮らしを快適に】のアイキャッチ画像 【2020年】暮らしが捗るおすすめの最新IoT家電・スマート家電8選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA