知らなきゃ損!Amazonでお得に買い物する方法はこちら

OPSの意味とは?過去5年分のチームOPSと得点数から妥当性を検証

OPSの意味とは?過去5年分のチームOPSと得点数から妥当性を検証のアイキャッチ画像

今回の記事では、OPSの意味を確かめるために、過去5年分のチームOPSと得点数から、OPSの妥当性を検証します。

OPSは、最近になり注目され始めた野球指標の1つです。

OPSは得点への相関性が高いと言うけれども、本当にそうなのか?

過去5年分のチームOPSと得点数の関係をまとめ、グラフ化し、分かりやすく解説いたします。

この記事を読めば、OPSの意味と、その有用性が正しく理解出来ますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

かつを

この記事を読めば、OPSがいかに有用か分かるで!

OPSの意味とは?

OPS(オーピーエス、オプス)は、出塁率と長打率を足して求める野球の指標です。

元々は、打者の能力を把握するための指標の1つ。

計算の簡単さと、得点への相関性の高さから、注目が集まっています。

OPSの詳しい計算方法については、こちらの記事をご覧下さい。

OPSの計算方法!簡単な計算で得点相関性が高い優秀な指標!のアイキャッチ画像OPSの計算方法!簡単な計算で得点相関性が高い優秀な指標!

かつを

OPSは計算が簡単で、得点への相関性が高い事が特徴なんや!

チームOPSと得点数の関係

過去5年分のチームOPSと得点データ

過去5年間のセリーグのチームOPSと、得点数の関係は以下の通りです。

チーム年度チームOPS得点
広島20180.780718
 20170.769736
 20160.765684
 20150.681506
 20140.757649
ヤクルト20180.751645
 20170.644473
 20160.709594
 20150.699574
 20140.752667
巨人20180.726616
 20170.691536
 20160.694519
 20150.667489
 20140.712596
DeNA20180.724563
 20170.702597
 20160.694572
 20150.679508
 20140.700568
中日20180.706596
 20170.666487
 20160.662500
 20150.657473
 20140.689570
阪神20180.697563
 20170.698589
 20160.662506
 20150.661465
 20140.710599

ホーム球場によってチームOPSの数値が高くなりやすい、高くなりにくいの差はありますが、ここ数年の広島のチームOPSと得点の高さがずば抜けています。

かつを

ここ数年の広島の得点力の高さよ…そら強いわ

相関係数は驚異の0.96

チームOPSと、チーム得点数の関係をグラフに表してみましょう。

チームOPSと得点との関係性の説明画像

チームOPSと得点との関係性

チームOPSが高いほど、チームの得点数が多くなる傾向にある事がわかります。

チームOPSと得点との相関係数を計算すると、驚異の0.96という相関性の高さでした。

相関係数:ある2つの数値の関係性の高さを数値で表したもの。1に近いほど関係性が高い。

チームのOPSが高いほど、チームの得点数は高くなる。

最近、各選手のOPSを重要視しているのは、このようなデータに基づいた裏付けがあるからです。

かつを

OPSの得点への相関係数の高さは改めて凄いな…!

まとめ

今回の記事では、OPSの意味と、過去5年分のチームOPSと得点数のデータから、OPSの得点への寄与の妥当性を検証しました。

チームOPSが高いほど、チームの得点数は高くなるという、とても分かりやすい結果が得られました。

OPSは、計算が簡単なことに加え、高い得点への相関性があるため、非常に優秀な野球指標の1つです。

これからは、各選手のOPSという指標に注目しながら野球を見ると、これまでとは違った楽しみが味わえますよ。

かつを

あなたの好きな選手のOPSをチェックしてみると楽しいよ!

セイバーメトリクスや、他の野球指標について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

→セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!のアイキャッチ画像【野球】セイバーメトリクスとは?指標で選手を評価する統計手法です

それでは、今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA