Amazonプライムデー開催中!セール会場はこちら

ワードに目次を追加する方法【誰でも簡単|画像付きで丁寧に解説】

ワードに目次を追加した際のサンプル画像

『ワードで目次がうまく追加できない…』 

とお悩みの方へ。 

本記事を読む事で、誰でも簡単にワードで目次を追加する事が出来るようになりますよ。 

なぜなら、私自身が仕事の場面でワードに上手く目次が追加出来なくて困った経験を元に、徹底的に分かりやすく説明する記事を書いたからです! 

本記事では「ワードに目次を追加する手順」を1つ1つの作業毎に画像付きで、とにかく丁寧に分かりやすくご紹介しています。 

この記事を読み終えれば、ワードに目次を追加する事が出来るようになりますよ! 

それでは、どうぞご覧下さい。 

ワードに目次を追加する手順 

最初に、今回の目次を追加する方法のゴールイメージを示します。 

目次専用のページを作成し、各項目に見出し用の番号を振りつつ、ページ番号を記載するスタイルです。 

ワードに目次を追加した際のサンプル画像

ワードに目次を追加する手順は、大きく3つに分ける事が出来ます。 

手順①:目次追加用のページに目次を追加 
手順②:目次に表示される文章に『見出し』を設定 
手順③:目次を更新 

作業毎に画像付きで分かりやすく説明していきますので、ご安心下さい。 

手順①:目次追加用のページに目次を追加する 

まずは、ページに目次を追加しましょう。 

目次の追加は【参考資料】タブの一番左のボタンから可能です。 

ワードに目次を追加する手順を示した画像1

この【目次】をクリックして下さい。すると、このような画面になります。 

 ワードに目次を追加する手順を示した画像2

自動作成の目次1と自動作成の目次2がありますが、1はページのタイトルが「内容」で、2はページのタイトルが「目次」となります。 

これは自分の作成する資料に合わせて適宜選んで下さい。 

今回は、タイトルを「目次」にしたいので、自動作成の目次2を選びました。 

すると、このような画面になりますので、【OK】をクリックして下さい。 

ワードに目次を追加する手順を示した画像3 

これでワードに目次を追加する事が出来ましたが、まだ中身が何もなく、「目次項目が見つかりません」と表示されています。 

ワードに目次を追加する手順40

次は、目次項目を順次設定していきましょう。 

手順②:目次に表示される文章に『見出し』の設定をする 

まずは、目次に表示される文章を書き出しましょう。 

目次の項目が表示されるページは目次専用のページとして使いたいと考えているので、【挿入】タブの【ページ区切り】ボタンをクリックしましょう。 

ワードに目次を追加する手順を示した画像4

すると、1ページ目は目次のページとなり、2ページ目以降に本文を書いていけるようになります。 

今回は一例として、下記のような文章を目次の項目としました。 

ワードに目次を追加する手順41

これらの文章を目次に表示するためには、『見出し』の設定をしなければなりません。 

これから『見出し』の設定方法をご紹介します。 

【ホーム】タブの画面右「スタイル」の中に、『見出し1』『見出し2』と書かれた項目があります。 

見出しを設定したい文章を選び、この『見出し』ボタンをクリックすることで、目次に追加するための『見出し』設定が可能です。  ワードに目次を追加する手順を示した画像5

今回は「ワードで見出しを追加する」という文章を『見出し1』に設定しました。 

これで目次に項目を追加するための準備が整いました。 

手順③:目次を更新する 

目次に表示させるための『見出し』の設定が完了したので、目次のページに戻ってみましょう。 

ワードに目次を追加する手順7

実は、目次の項目を新たに追加・編集した場合は、適宜目次を『更新』してあげる必要があります。 

【目次の更新ボタン】をクリックしてみましょう。 

すると、このような画面になります。 

ここでは、2つある選択肢の内の「目次をすべて更新する」を選んで、【OK】をクリックしましょう。 

ワードに目次を追加する手順8 

すると、このように設定した文章が目次の項目として追加されます。 

 ワードに目次を追加する手順9

残りの文章も同じように見出しを設定し、目次を更新する事で、目次に項目を追加する事が可能です。 

ここでは、「ワードで見出しを追加する手順①」と「ワードで見出しを追加する手順②」を、『見出し2』に設定しました。 

ワードに目次を追加する手順10

『見出し』を設定したら、目次を更新しましょう。 

ワードに目次を追加する手順11

良い感じに設定出来ました。 

ワードの目次に番号を追加する手順 

次に、ワードの目次の各見出しに番号を追加する手順を紹介します。 

各見出しに番号を追加する事で、目次自体が見やすくなりますし、全体のボリューム感が伝わりやすくなるので、ぜひ設定してみて下さい。 

目次の各見出しに番号を追加したゴールイメージはこんな感じです。  ワードに目次を追加する手順11

ワードで目次に番号を追加する手順は主に2つに分けることが出来ます。 

手順①:各見出しにアウトラインを設定 
手順②:目次を更新 

それでは、先ほどと同様に作業毎に1つずつ画像付きで丁寧に説明していきますね。 

手順①:各見出しに『アウトライン』の設定をする 

目次に番号を追加するために、各見出しに『アウトライン』の設定をする必要があります。 

『アウトライン』は【ホーム】タブの【段落】真ん中付近にあるボタンで設定可能です。 

ワードに目次を追加する手順12

『アウトライン』のボタンをクリックすると、このような画面になります。 

ワードに目次を追加する手順13

見出しに付ける番号の書式が複数の選択肢から選べるようになっているため、好きな書式を選定して下さい。 

今回は、 

1.ワードで見出しを追加する 
1.1.ワードで見出しを追加する手順① 
1.2.ワードで見出しを追加する手順② 

という表記になるリストを選択しました。 

『アウトライン』の設定が完了すると、下記画像のようになります。 

これで、目次の各見出しに番号を追加する準備が整いました。  ワードに目次を追加する手順14

手順②:目次を更新する

目次の各見出しに番号を追加するための『アウトライン』の設定が完了したので、 
目次のページに戻り、先ほどと同様に目次を更新してみましょう。 

ワードに目次を追加する手順11

ばっちり目次の各見出しに番号が追加出来ました。 

同様の手順で、残りの項目も『見出し』と『アウトライン』を設定していきましょう。 

「ワードで見出しを自動更新する」を『見出し1』に、「ワードで見出しを自動更新する手順①」と「ワードで見出しを自動更新する手順②」を『見出し2』に設定します。 

ワードに目次を追加する手順15

次に、『アウトライン』を設定すると、このようになります。 

ワードに目次を追加する手順16

本当は、 

「2.1.ワードで見出しを自動更新する手順①」 

となってほしいのですが、現状は「1.1.ワードで見出しを自動更新する手順①」という表記になっています。 

これは、番号の左にある『自動的に番号を振る』をクリックする事で解消されます。  ワードに目次を追加する手順17

これで意図した通りの番号に書き換わりましたね。 

ワードに目次を追加する手順44

それでは、目次ページに移動し、目次を更新してみましょう。 

 ワードに目次を追加する手順45

ばっちり設定出来ました。 

一応、追加でページ数が自動で切り替わるかも確認しておきましょう。 

各見出しにカーソルを合わせた状態で、【挿入】タブの【ページ区切り】をクリックします。 

下記画像のように、見出し毎にページを割り当ててみました。  ワードに目次を追加する手順18

では、再度目次を更新してみましょう。 

ここでは、目次の各項目自体は編集せずに、ページ番号だけを変更したので、
下記画像のように「ページ番号だけを変更する」をクリックすればOKです。 

ワードに目次を追加する手順19

すると、このように目次が修正されました。 

ワードに目次を追加した際のサンプル画像

ばっちりですね。 

以上が、ワードの目次に番号を追加する手順になります。 

ワードに目次を追加する方法まとめ 

ワードに目次を追加する方法として、以下の手順で説明しました。 

手順①:目次追加用のページに目次を追加 
手順②:目次に表示される文章に『見出し』を設定 
手順③:目次を更新 

また、目次を見やすく、管理しやすくするために、番号を追加する方法もご紹介しました。 

手順①:各見出しにアウトラインを設定 
手順②:目次を更新 

今回ご説明した以上の手順を順に実施することで、誰でも簡単にワードに目次を追加する事が可能です。 

今回、例として説明したワードファイルを以下に置いておきますので、ぜひ参考にしてチャレンジしてみて下さいね。  

目次追加参考例

以上、「ワードに目次を追加する方法【誰でも簡単|画像付きで丁寧に解説】」という記事でした。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA