Amazonでタイムセール開催中!セール会場はこちら

松山竜平の年俸は?2019年は1億円!

広島東洋カープ松山竜平の年俸まとめのアイキャッチ画像

『広島東洋カープの松山竜平選手の最新の年俸って何万円?』
『カープ松山竜平選手のこれまでの年俸推移を詳しく知りたい』
という悩みをお持ちの方へ。

本記事ではそれらの悩みを全て解決出来る内容になっています。

「広島東洋カープ松山竜平選手の最新の年俸額、年俸推移」についてどこよりも詳しく丁寧にまとめています。

それでは、どうぞご覧下さい。

広島東洋カープ松山竜平の2019年の年俸は1億円

広島東洋カープ松山竜平選手の2019年の推定年俸は『1億円』です。

プロ野球選手の年俸ランキングでは、53位となっています。
>>【2019年最新版】プロ野球年俸ランキング!【日本人選手】
プロ野球年俸ランキング2019最新版!年俸1位は6.5億円であの選手!?プロ野球年俸ランキング2019最新版!年俸1位は6.5億円であの選手!?

広島東洋カープの年俸ランキングでは、8位となっています。
>>広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】
広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】のアイキャッチ画像広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】

広島東洋カープ松山竜平の年俸推移

広島東洋カープの松山竜平選手の年俸推移について、どこよりも詳しく紹介します。

これまでの年俸推移を表とグラフにまとめました。

年度年俸(万円)
20081000
2009900
2010750
2011650
20121100
20131100
20142200
20152300
20162800
20174000
20186500
201910000

広島東洋カープ松山竜平選手の年俸推移のグラフ画像

プロ1年目(2008年):1000万円→900万円

試合数: 2
打率: .000
本塁打: 0
打点: 0
OPS: .000

ドラフト4位で入団した松山竜平選手。

開幕から二軍の主軸として活躍し、4月に一軍昇格を果たすも二打席で降格してしまいます。

その後は二軍の4番に定着し、ウエスタン・リーグの打点王・最多安打を記録しました。

1年目のオフには年俸が1000万円→900万円に減額しています。

プロ2年目(2009年):900万円→750万円

プロ2年目は春季キャンプの途中に肉離れになってしまいます。

その後5月にはウエスタン・リーグの月間MVPを獲得しますが、一軍出場はありませんでした。

2年目のオフには年俸が900万円→750万円に減額しています。

プロ3年目(2010年):750万円→650万円

プロ3年目も二軍での出場が続き、一軍の試合出場はありませんでした。

3年目のオフには年保が750万円→650万円に減額しています。

プロ4年目(2011年):650万円→1100 万円

試合数: 68
打率: .270
本塁打: 3
打点: 19
OPS: .656

プロ4年目はライバルの不調により、一軍での出場が増加しました。

6月にはプロ初本塁打、7月には自身初の猛打賞を記録するなど打撃面で急成長をみせます。

結果的に打率.270、本塁打3本、打点19と4年目にして飛躍しました。

4年目のオフには年俸が650万円→1100万円へと増額しています。

プロ5年目(2012年):1100万円→1100 万円

試合数: 48
打率: .204
本塁打: 0
打点: 7
OPS: .487

プロ5年目はオープン戦で打率.403を記録するなど好調を維持し、開幕一軍をつかみ取ります。

しかしシーズンが始まると不調に陥り、一軍に定着することはできませんでした。

打率.204は前年を大きく下回り、本塁打も0本と前年を下回る成績でシーズンを終えます。

5年目のオフは現状維持の1100万円でした。

プロ6年目(2013年):1100万円→2200 万円

試合数: 123
打率: .282
本塁打: 10
打点: 52
OPS: .732

プロ6年目は開幕から一軍に定着し、出場試合を大きく伸ばします。

自身初の二桁本塁打を記録し、打点52もキャリアハイの数字となりました。

6年目のオフには年俸が1100万円→2200万円と倍増しています。

プロ7年目(2014年):2200万円→2300 万円

試合数: 80
打率: .318
本塁打: 7
打点: 34
OPS: .815

プロ7年目も開幕から一軍に定着しますが、6月に左前十字靭帯を損傷してしまいます。

結果的に規定打席到達はなりませんでしたが、打率.318と3割を超え、OPS.815はキャリアハイの数字を記録しました。

7年目のオフには年俸が2200万円→2300万円と増額しています。

プロ8年目(2015年):2300万円→2800 万円

試合数: 100
打率: .277
本塁打: 7
打点: 26
OPS: .795

プロ8年目は怪我による戦線離脱がありつつ、代打の切り札としての起用が多くなりました。

終盤に成績を落とすも、8月までは打率3割をキープ。

8年目のオフには年俸が2300万円→2800万円と増額しています。

プロ9年目(2016年):2800万円→4000 万円

試合数: 103
打率: .291
本塁打: 10
打点: 41
OPS: .806

プロ9年目は当初は代打としての起用からスタートするも、徐々にスタメンでの起用も増えました。前年を上回る10本塁打を記録するなど打撃成績は軒並み前年を上回り、チームのリーグ優勝に貢献しました。

9年目のオフには年俸が2800万円→4000万円と大幅増額しています。

プロ10年目(2017年):4000万円→6500 万円

試合数: 120
打率: .326
本塁打: 14
打点: 77
OPS: .909
UZR: 5.1

プロ10年目は前年度よりスタメンでの起用も増え、キャリアハイとなる120試合に出場しました。

打率・本塁打・打点いずれも前年を大きく上回る成績を残しています。

特に打点は77を記録し、勝負強さを見せつけたと言えるでしょう。

10年目のオフには年俸が4000万円→6500万円と増額しています。

プロ11年目(2018年):6500万円→ 1億円

試合数: 124
打率: .302
本塁打:12
打点: 74
OPS: .834
UZR: -6.6
WAR:1.2

プロ11年目は主に5番打者としてチームをけん引し、自身初の規定打席到達を果たしました。

打撃成績も前年同等の活躍を見せ、チームのリーグ三連覇に貢献しています。

11年目のオフには年俸が6500万円→1億円に増額し、1億円プレイヤーの仲間入りを果たします。

広島東洋カープ松山竜平選手の年俸まとめ

最高年俸:1億円(2019年)

年俸総額:3.33億円(2019年時点)

非凡な打撃技術で年々チームへの貢献度が増している松山竜平選手。

2019年は取得したFA権を行使せず広島東洋カープに残留するなど、チームへの愛も感じられます。

チームのリーグ4連覇に向けて、主軸としての活躍が期待されますね。

以上『広島東洋カープ松山竜平選手の年俸まとめ』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA