Amazonでタイムセール開催中!セール会場はこちら

一岡竜司の年俸は?2019年は7700万円!

広島東洋カープ一岡竜司の年俸まとめのアイキャッチ画像

『広島東洋カープの一岡竜司選手の最新の年俸って何万円?』
『カープ一岡竜司選手のこれまでの年俸推移を詳しく知りたい』
という悩みをお持ちの方へ。

本記事ではそれらの悩みを全て解決出来る内容になっています。

「広島東洋カープ一岡竜司選手の最新の年俸額、年俸推移」についてどこよりも詳しく丁寧にまとめています。

それでは、どうぞご覧下さい。

広島東洋カープ一岡竜司の2019年の年俸は7700万円

広島東洋カープの一岡竜司選手の2019年の推定年俸は『7700万円』となっています。

2014年にFAの人的保障として広島東洋カープの一員となった一岡竜司選手。

移籍後にその才能を開花させ、3年連続での年俸アップとなっています。

広島東洋カープの年俸ランキングでは、11位となっています。
>>広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】
広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】のアイキャッチ画像広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】

広島東洋カープ一岡竜司の年俸推移

広島東洋カープの一岡竜司選手の年俸推移について、どこよりも詳しく紹介します。

これまでの年俸推移を表とグラフにまとめました。

年度年俸(万円)
20121000
20131000
20141050
20152400
20162400
20172800
20185300
20197700

広島東洋カープ一岡竜司選手のこれまでの年俸推移のグラフ画像

プロ1年目(2012年):1000→1000万円 

登板試合数:4(中継ぎ4 
投球回数: 5.0
防御率: 3.60
勝敗数:000ホールド0セーブ
FIP 2.52
WHIP 1.00

ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団した一岡竜司選手。

ルーキーながら4月に一軍登録を果たしますが、4試合の登板に終わり一軍に定着することはできませんでした。

シーズン終盤はイースタン・リーグでチームの抑えを務めています。

1年目のオフには、年俸は1000万円で現状維持となっています。

プロ2年目(2013年):1000万円→1050万円

 登板試合数:9(中継ぎ9 
投球回数: 10.1
防御率: 5.23
勝敗数:000ホールド0セーブ
FIP 2.44
WHIP 1.35

プロ2年目は、開幕から昨年同様二軍で抑えを務めます。

35試合に登板し防御率1.10という成績を残し、シーズン途中に一軍昇格を果たします。

一軍では思うような成績は残せませんでしたが、昨年を上回る9試合に登板しました。

2年目のオフには、年俸が1000万円→1050万円に増額しています。

プロ3年目(2014年):1050万円→2400万円 

登板試合数:31(中継ぎ31 
投球回数: 31.0
防御率: 0.58
勝敗数:2016ホールド2セーブ
FIP 2.06
WHIP 0.74

プロ3年目は、巨人にFA移籍した大竹寛選手の人的保障として広島東洋カープでプレーすることになります。

開幕一軍入りを果たすと、プロ入り初勝利・初ホールド・初セーブを達成しその才能を開花させます。

終盤には右肩痛で登録抹消されますが、31試合に登板し防御率0.58という素晴らしい成績を残しました。

3年目のオフには、年俸が1050万円→2400万円に増額しました。

プロ4年目(2015年):2400万円→2400万円 

登板試合数:38(中継ぎ38 
投球回数: 37.0
防御率: 4.14
勝敗数:247ホールド1セーブ
FIP 4.77
WHIP 1.70

プロ4年目は、開幕一軍でスタートしますが、プロ初黒星を喫するなど調子が上がらず5月に登録を抹消されます。

その後夏場に再昇格し昨年を上回る38試合に登板しました。

4年目のオフには、年俸は2400万円で現状維持となっています。

プロ5年目(2016年):2400万円→2800万円

登板試合数:27(中継ぎ27 
投球回数: 24.2
防御率:1.82
勝敗数:115ホールド0セーブ 
FIP 2.63
WHIP 1.05

プロ5年目は、怪我のため二軍スタートとなり6月に初昇格します。

その後も再度右肩の検査のため降格しますが、夏場以降に安定した投球をみせチームのリーグ優勝に貢献しました。

5年目のオフには、年俸が2400万円→2800万円に増額しています。

プロ6年目(2017年):2800万円→5300万円 

登板試合数:59(中継ぎ59 
投球回:58.1
防御率: 1.85
勝敗数:6219ホールド1セーブ 
FIP 2.38
WHIP 1.06

プロ6年目は、4月に一軍昇格すると勝ちパターンの一角として自己最多の59試合に登板します。

防御率1.85という素晴らしい数字にくわえて、19ホールドを記録しチームのリーグ連覇に貢献しました。

6年目のオフには、年俸が2800万円→5300万円に増額しています。

プロ7年目(2018年):5300万円→7700万円 

登板試合数:59(中継ぎ59 
投球回数: 56.1
防御率: 2.88
勝敗数:5618ホールド2セーブ
FIP 3.63
WHIP 1.21

プロ7年目は、勝利の方程式の一員として昨年同様大車輪の活躍を見せます。

昨年同様59試合に登板すると、18ホールド2セーブを記録し3年連続となるリーグ優勝に大きく貢献しました。

7年目のオフには、年俸が5300万円→7700万円に増額しています。

広島東洋カープ一岡竜司の年俸まとめ

最高年俸:7700万円(2019年)
年俸総額:2.36億円(2019年時点)

2014年にFAの人的保障として広島東洋カープに移籍し、いまやチームの中継ぎに欠かせない存在となっている一岡竜司選手。

当時は悔しい思いもあったかもしれませんが、移籍をきっかけに大きな成長を遂げました。

2019年シーズンも勝利の方程式の一角として、チームのリーグ4連覇に貢献することが期待されています。

以上、『広島東洋カープ一岡竜司の年俸まとめ』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA