Amazonプライムデー開催中!セール会場はこちら

動画配信サービスを比較する人が結局迷ってしまう原因とその対策

『動画配信サービスを比較しているけれど、結局どれを選んだら良いのか分からない…』

『動画配信サービスを比較しているサイトって、どこも同じようなのばっかり…』

とお悩みの方へ。

本記事は、これらの悩みを解消できる記事となっています。

なぜなら、僕自身も動画配信サービスを比較する時にGoogleで検索して調べましたが、どこも同じようなランキングサイトばかりにうんざりした経験から、比較する際に迷わない記事を書いたからです!

本記事では「動画配信サービスを比較する人が結局迷ってしまう原因とその対策、ジャンル毎のおすすめ動画配信サービス比較」についてまとめています。

本記事を読む事で、動画配信サービスの比較でもう迷う事は無くなりますよ。

それでは、どうぞご覧ください。

動画配信サービスを比較する人が結局迷ってしまう原因

動画配信サービスを比較する人が、結局迷ってしまう原因は主に以下の2つが考えられます。

原因①:「動画配信サービス 比較」で検索するとどこも同じようなランキングサイトばかりだから
原因②:自分の中で選ぶ基準が決まっていないから

1つずつ、解説していきますね。

原因①:「動画配信サービス 比較」で検索するとどこも同じようなランキングサイトばかりだから

動画配信サービスの比較で結局迷ってしまう原因の1つ目は、「動画配信サービス 比較」とGoogleで検索すると、どこも同じようなランキングサイトばかりが出てきてしまうからです。

現在、Googleで「動画配信サービス 比較」と検索した結果は以下の画像のようになっています。

(googleで「動画配信サービス 比較」と検索した結果の画像)

どのページも『おすすめ比較〇選』『おすすめ〇社を徹底比較』というタイトルばかりの記事が並んでいます。

実際に記事を見てみると、どこもランキング形式で動画配信サービスをおすすめ順に並べていて、順番を入れ替えただけの同じような記事ばかりが目に付くのが現状です。

これでは、
あっちこっちでおすすめ比較の1位が違うけど、結局どれを選んだらいいのか分からない…
となってしまいますよね。

このように、「動画配信サービス 比較」で検索した結果がどこも同じようなランキングサイトばかりな事が、動画配信サービスを比較する上で結局迷ってしまう原因の1つ目です。

原因②:自分の中で選ぶ基準が決まっていないから

動画配信サービスを比較する上で結局迷ってしまう2つ目の原因は、「自分の中でしっかりとした選ぶ基準が決まっていない」事です。

自分の中でしっかりとした選ぶ基準が無いと、各社のサービスを差別化する事って難しいんですよね。

大手の動画配信サービスって、パッと見だとサービス内容にそこまで大きな差を感じにくいです。

どのサービスも「動画〇万本見放題」や、「初月無料でお得」というのをキャッチコピーにしていますから、似たり寄ったりで分かりにくいですよね…

だからこそ、動画配信サービスを比較する際は、自分自身で何を優先したいか、選ぶ基準を明確にする必要があります。

動画配信サービスを比較する人が迷ってしまった場合の対策

動画配信サービスを比較する人が迷ってしまった場合の対策は、主に以下の2つ。

対策①:自分が優先したい項目がどれかはっきりさせる
対策②:自分の好きなジャンルは何かはっきりさせる

大切なのは、自分自身の中で譲れない項目(料金・ジャンル等)を明確にすること。

1つずつ解説していきますね。

対策①:自分が優先したい項目がどれかはっきりさせる

動画配信サービスを比較する際に迷ってしまった場合の1つ目の対策は、「自分が優先したい項目がどれかはっきりさせる」ことです。

比較する際に選ぶポイントの具体例はこんな感じ。

・月額料金の安さ
→月額料金の安いサービスから順に試して見ると良いです。殆どの動画配信サービスが無料お試し期間を設けています。

・完全見放題(有料レンタルの有無)
→完全見放題の料金体系なのは、「Hulu」と「Netflix」だけ。(スポーツ系は「DAZN」も)

・新作が見たいかどうか
→新作の取扱作品数が圧倒的に充実しているのは「U-NEXT」。毎月付与のポイントで新作映画が2本は見れます。

・家族でサービスを利用したいか
→複数人同時視聴可能なサービスは「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(スタンダードプラン以上)」の3つ。

自分の中でこれだけは譲れない!という項目を1つ持つことが、動画配信サービスの比較で迷わないためには必須です。

上記を参考に、自分の中で譲れない物を一度考えてみて下さい。

対策②:自分の好きな動画のジャンルは何かはっきりさせる

動画配信サービスを比較する際に迷ってしまった場合の2つ目の対策は、「自分の好きな動画のジャンルは何かはっきりさせる」ことです。

あなたが最も好きで、これから見る可能性が高い動画のジャンルが分かれば、動画配信サービスの比較がぐっとやりやすくなります。

あなたが1番良く見る動画のジャンルは何でしょうか?

映画?海外ドラマ?韓流ドラマ?アニメ?それともドキュメンタリー?

好きなジャンルが分かれば、あなたにぴったりの動画配信サービスが分かるようになりますよ!

ジャンル毎のおすすめ動画配信サービスの比較に関しては、この後に詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ジャンル毎のおすすめ動画配信サービス比較

先ほど、動画配信サービスの比較には「あなたが譲れない項目、好きなジャンル選びが重要である」ことを説明しました。

あなたが譲れない項目、好きなジャンルは決まりましたか?

ここでは、ジャンル毎のおすすめ動画配信サービスをご紹介していきます。

もうこれで動画配信サービスの比較で迷う事はなくなりますよ。

とにかく月額料金を抑えたい人向け【500円/月以下】

とにかく月額料金を安く抑えたい!という方は、月額料金の安いサービスから順番に試してみる事をおすすめします。

月額料金の安いサービスを順にご紹介します。

325円/月(※3900円/年):Amazonプライムビデオ

業界最安値はAmazonプライムビデオ。

ただし、料金体系は毎月の支払ではなく、年会費(3900円)なのでその点だけご注意を。

今なら1か月間の無料期間があるので、サービス内容と月額料金が納得できるかどうか、試して見ましょう。

500円/月:dTV

500円の月額料金で12万本以上の動画が見放題である事が売りのdTV。

今はdocomo会員以外の方も普通に利用出来るので、まずは1か月の無料お試しに登録して、500円/月の料金に見合ったコンテンツかどうかを見極めましょう。

映画好きな人向け

最新作(公開1年以内)を見たい人は「U-NEXT」

最新作(公開1年以内)が見れなくてもOKな人は「Hulu」「Netflix」

アニメ好きな人向け

「dアニメストア」一択。

月額料金の安さと取扱作品数が他社サービスと比較すると圧倒的。

アニメしか見る予定が無い!という方は迷わずに「dアニメストア」を選びましょう。今なら1か月の無料期間が有ります。

スポーツ中継が好きな人向け

「DAZN」一択。

プロ野球、サッカーといったメジャースポーツから、F1、バスケ、バレー、格闘技とスポーツ界の動画配信サービスではDAZN以上のサービスって世の中に無いです。

スポーツ中継に特化した動画配信を楽しみたいなら、迷わず「DAZN」を選びましょう。

海外ドラマ好きな人向け

海外ドラマ好きなら「Hulu」一択です。

海外ドラマのラインナップは正直言って「Hulu」がダントツ。

結論:動画配信サービスの比較で迷うのは自分の好きなジャンルが明確でないから

本記事では「動画配信サービスを比較する人が結局迷ってしまう原因とその対策、ジャンル毎のおすすめ動画配信サービス比較」についてまとめました。

動画配信サービスを比較する際に大切なのは、自分の中で譲れないしっかりとした基準を持つこと。

今一度、あなたが譲れない項目、好きな動画のジャンルについて考え直してみましょう!

そうすれば、もう動画配信サービスの比較で迷うことはなくなりますよ。

以上、「動画配信サービスを比較する人が結局迷ってしまう原因とその対策」という記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA