中崎翔太の年俸は?2019年は1.6億円!

『広島東洋カープの中崎翔太選手の最新の年俸って何万円?』
『カープ中崎翔太選手のこれまでの年俸推移を詳しく知りたい』
という悩みをお持ちの方へ。

本記事ではそれらの悩みを全て解決出来る内容になっています。

「広島東洋カープ中崎翔太選手の最新の年俸額、年俸推移」についてどこよりも詳しく丁寧にまとめています。

それでは、どうぞご覧下さい。

広島東洋カープ中崎翔太の2019年の年俸は16000万円

広島東洋カープの中崎翔太選手の2019年の推定年俸は『16000万円』となっています。

2年連続での1億円プレイヤーとなっています。

プロ野球の年俸ランキングでは、33位となっています。
>>【2019年最新版】プロ野球年俸ランキング!【日本人選手】
プロ野球年俸ランキング2019最新版!年俸1位は6.5億円であの選手!?

広島東洋カープの年俸ランキングでは、4位となっています。
>>広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】
広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】のアイキャッチ画像広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】

広島東洋カープ中崎翔太の年俸推移

広島東洋カープの中崎翔太選手の年俸推移について、どこよりも詳しく紹介します。

これまでの年俸推移を表とグラフにまとめました。

年度 年俸(万円)
2011 450
2012 500
2013 800
2014 900
2015 1750
2016 4200
2017 8500
2018 11500
2019 16000

広島東洋カープ中崎翔太選手のこれまでの年俸推移のグラフ画像

プロ1年目(2011年):450万円→500万円 

一軍試合出場なし

ドラフト6位で広島東洋カープに入団した中崎翔太選手。

ルーキーでの一軍出場はなく、ウエスタン・リーグでの登板のみとなりました。

1年目のオフには、年俸は450万円→500万円に増額しました。

プロ2年目(2012年):500万円→800万円 

登板試合数:12(先発1、中継ぎ11 
投球回数: 21.0
防御率: 2.57
勝敗数:011ホールド 
FIP 3.69
QS率: 100%
WHIP 1.10

プロ2年目は、初の一軍昇格を果たすと中継ぎとして経験を積み、9月にはプロ初先発を経験します。

6回まで無失点と結果を出しましたが、危険球で途中退場となってしまいました。

2年目のオフには、年俸が500万円→800万円に増額しました。

プロ3年目(2013年):800万円→900万円

登板試合数:17(先発11、中継ぎ6 
投球回数: 60.1
防御率: 5.82
勝敗数:271ホールド
FIP 4.84
QS率: 9.09%
WHIP 1.62

プロ3年目は、4月に中継ぎとしてプロ初勝利をあげると、6月には先発での勝利も記録しました。

防御率は5.82と奮いませんが、昨年を上回る17試合に登板しています。

3年目のオフには、年俸が800万円→900万円に増額しました。

プロ4年目(2014年):900万円→1750万円

登板試合数:32(中継ぎ32 
投球回数: 43.2
防御率: 3.92
勝敗数:2310ホールド1セーブ
FIP 3.42
WHIP 1.37

プロ4年目は、血行不良の手術を受けた影響もあり、6月にはじめて一軍に昇格しました。

その後は中継ぎとして登板を重ね、7月にはプロ初セーブを記録しています。

シーズン終盤にはセットアッパーを任されるようになり、10ホールドをマークしました。

4年目のオフには、年俸が900万→1750万に増額しました。

プロ5年目(2015年):1750万円→4200万円

登板試合数:69(中継ぎ69 
投球回数: 73.0
防御率: 2.34
勝敗数:0611ホールド29セーブ 
FIP 3.15
WHIP 1.21

プロ5年目は、開幕からセットアッパーとして登板すると、4月には最終回を任されるようになります。

序盤は不安定な投球が続きますが、6月以降はセーブの失敗もなく、最終的に29セーブをあげる活躍をみせました。

5年目のオフには、年俸が1750万円→4200万円に増額しています。

プロ6年目(2016年):4200万円→8500万円 

登板試合数:61(中継ぎ61 
投球回:61.1
防御率: 1.32
勝敗数:34 7ホールド34セーブ(セーブ数リーグ2)
FIP 2.71
WHIP 1.13

プロ6年目は、昨年に引き続き守護神としてチームに大きく貢献します。

年間を通して安定した投球を見せ、防御率1.32・リーグ2位の34セーブという素晴らしい成績を残しました。

またペナントレースの優勝試合にも登板し、見事胴上げ投手になっています。

6年目のオフには、年俸が4200万円→8500万円に増額しています。

プロ7年目(2017年):8500万円→11500万円 

登板試合数:59(中継ぎ59 
投球回数: 57.2
防御率: 1.40
勝敗数:4125ホールド10セーブ
FIP 3.36
WHIP 0.92

プロ7年目は、開幕直後に背中を負傷し二軍での調整を行いました。

しかし、一軍復帰後には終盤に守護神の座を取り戻すなど、59試合に登板し25ホールド10セーブを記録。

防御率も1.40と安定した投球をみせています。

7年目のオフには、年俸が8500万円→1億1500万円に増額しています。

プロ8年目(2018年):11500万円→16000万円 

登板試合数:68(中継ぎ68 
投球回数: 66.1
防御率: 2.71
勝敗数:426ホールド32セーブ(セーブ数リーグ3)
FIP 4.02
WHIP 1.43

プロ8年目は、開幕から守護神の座を守り、2015年の69試合に次ぐ68試合に登板。

セ・リーグ3位の32セーブを記録し、チームのリーグ3連覇に大きく貢献しました。

8年目のオフには、年俸が1億1500万円→1億6000万円に増額しています。

広島東洋カープ中崎翔太の年俸まとめ

最高年俸:1.60億円(2019年)
年俸総額:4.46億円(2019年時点)

リリーフ転向後に大きく飛躍し、今やチームの守護神に君臨している中崎翔太選手。

4年連続で50試合に登板するなど、その頑強な肉体でチームを支えています。

来季も中崎翔太選手のさらなる活躍に期待しましょう。

以上、『広島東洋カープ中崎翔太の年俸まとめ』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA