映画 「アベンジャーズインフィニティ・ウォー」 総合評価ネタバレ感想



映画 「アベンジャーズインフィニティ・ウォー」 の総合評価、あらすじ・ネタバレ感想についてまとめています!

それでは、どうぞご覧ください!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじネタバレ

マーベルが手がけるヒーロー映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」の作品です。

シリーズの影で暗躍を続けていた異星人・サノスの襲来を描いた物語です。

サノス率いる宇宙艦隊が、移民船を攻撃します。彼の目的は6つの「インフィニティ・ストーン」の力によって、この宇宙全ての生命の半分を滅ぼすことでした。

この時点では、すでに所有しているストーンと、移民船に乗るロキが所持していたストーン、2つを手に入れています。

その場に居合わせた超人ハルクことブルースは空間を飛び越え、ストーンの1つを守る魔術師ドクター・ストレンジの屋敷に墜落しました。

ストレンジとブルースは、アイアンマンとして活動しているトニーを呼び出し、事態を説明して協力を要請します。

その最中、サノスの手勢がニューヨークに襲来。

ストレンジとトニー、さらに駆けつけたスパイダーマンことピーター・パーカーが応戦しますが、戦いの中でストレンジが囚われ、トニーとピーターは地球から撤退する敵の宇宙船に乗り込みます。

宇宙では、ピーター・クイル率いる銀河のよろず屋・ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー(GotG)が満身創痍の雷神ソーを救出しました。

ソーとGotGのメンバーでサノスの娘、ガモーラの説得により、GotGはソーと共にサノスを倒す武器を求めるチームと、ストーンの所在地へ向かうチームの二手に分かれます。

しかし、先回りしていたサノスにより、ストーンは奪われ、ガモーラも攫われます。

一方地球では、体内にストーンを宿す隠棲中の人造生命体・ヴィジョンが、サノスの手勢から奇襲され、ストーンを奪われかけます。

しかし、キャプテン・アメリカとその仲間たちがヴィジョンを救出しました。

キャップ一行はヴィジョンが宿すストーンを摘出するためアフリカの小国ワカンダに急行します。

敵地に乗り込んだトニーとピーターはストレンジを救出しますが、彼らの乗った宇宙船は惑星タイタンに不時着。

同時に到着していたGotGと勘違いから戦闘になりますが、すぐに和解し協力します。

サノスは捕らえた愛娘のガモーラから所在不明のストーンの在り処を聞き出すと、ガモーラを殺しストーンを手にします。

そのままタイタンへと向かい、トニーたちとの戦闘に突入します。

ヒーローたちの猛攻がサノスを追い詰めますが、土壇場で逆転を許してしまいます。

ストレンジは仲間の命と引き換えに自身のストーンをサノスに明け渡し、サノスは地球へ向かいます。

ワカンダに襲来するサノスの大軍勢を、ワカンダ軍と地球のヒーローたちが迎撃します。

武器を手にしたソーも加勢しますが、ついに5つのストーンを手にしたサノスが最後のストーンを奪いに降り立ちます。抵抗虚しく、ストーンはサノスの手に渡りました。

全宇宙の生命の半分が消滅し、人々が次々と消える中、ひとつの緊急通信が送られていました。

物語はシリーズ最終章、「アベンジャーズ/エンドゲーム」で決着します。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の感想、ここが良かった

1本の映画でありながら、宇宙を舞台にしたスペースオペラ、魔法を駆使したファンタジー、SFアクション、大軍勢同士の戦闘と、複数のジャンルの要素が入り乱れ、まるで複数の映画を一度に見ているかのような情報量が襲いかかります。

しかし、そんな中でもストーリーは「襲い来るサノスに立ち向かう」と単純明快であり、アクションシーンの間も物語は足を止めることが無い上、大量の登場人物も一人ひとりに見せ場が用意されている、監督・ルッソ兄弟の作風の集大成でもあります。

敵役のサノスの強大さも、決して安っぽく描かれておらず、見ていて絶望感すら覚える程の迫力を覚えました。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の印象に残ったセリフ・シーン

この映画は名場面のオンパレードですが、キャプテン・アメリカ登場シーンはまさにその中でも白眉です。

ピンチに陥るヴィジョンとその恋人ワンダ、しかしその時、背後で列車が通過していきます。

列車が完全に通り過ぎた先に人影があり、「何者だ!」と言わんばかりに敵が攻撃。

しかしそれをなんなく受け止め、キャプテン・アメリカの姿が露わになった瞬間、シリーズおなじみのテーマ曲が流れ出す──この一連のシーンのカタルシスは鳥肌が立つほど興奮します。

腕を突き上げ、「アベンジャーズ、アッセンブル!」の決め台詞を叫びたくなるはず。

このケレン味こそヒーロー映画の真骨頂だと思います。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」はこんな人におすすめ

ヒーローが好きな人、既存のアクション映画に飽きた人、とにかくスケールの大きな話が見たい人は、ぜひ今作を見るべきです。

さらに、ここから他のマーベル・シネマティック・ユニバース作品に触れてみては如何でしょうか。

より今作を理解できると共に、きっと、貴方好みのヒーローが見つかるはずです。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」感想まとめ

マーベル・スタジオが10年に渡って展開してきたマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成に相応しいボリュームと熱量が詰まった一作となりました。

息つく暇もなく展開されるストーリーと、綿密かつダイナミックなアクションシーンは観客の心を捉えて離すことはありません。

クライマックスでは絶望感すら覚えるサノスの圧倒的な力を見せつけられますが、次回作に向けたクリフハンガーを提示され、次回作も見に来ようという欲求まで掻き立てられます。

かくも緻密に計算された本作、アメコミファンの方も、そうでない方も一度は見るべき作品であることは間違いないでしょう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はU-NEXTで視聴可能

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、U-NEXTで見ることが可能です。

U-NEXTの公式サイトはこちら
>>日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

U-NEXTで新規会員登録する方であれば、1ヶ月間の無料期間に加え、600円分のポイントが付与されるため、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を無料で視聴する事が出来ますよ!

動画配信サービスを総合的に比較した
>>動画配信サービス人気ランキング2019|おすすめ10社を徹底比較
という記事も、よく読まれていますので、参考にしてみて下さい。

以上、「映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』総合評価ネタバレ感想」でした!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA