エクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載する方法【Excel】

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像10



『エクセルの縦書きで左から右(又は右から左)に書けるように設定を変更したいんだけど、どうしたら良いの?』

とお悩みの方へ。

本記事を読む事で、簡単にエクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載する様に設定変更する事が出来るようになりますよ。

なぜなら、私自身が仕事でエクセルを使っていて、縦書きの書式がどうしても左から右(右から左)に出来なくて困った経験を元に、徹底的に分かりやすく説明する記事を書いたからです!

本記事では「エクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載する手順」を、画像付きで作業毎に丁寧にご紹介しています。

この記事を読み終えれば、エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する事が簡単に出来るようになりますよ!

それでは、どうぞご覧下さい。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載する手順

最初に、エクセルの縦書きで左から右に記載する書式から、右から左に記載するよう設定変更した場合のゴールイメージを示します。

まずは、左から右に記載する書式です。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像14

こちらは普段のエクセルで見慣れた書式ですね。

右から左に記載した場合は次の画像のようになります。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像13

このように、縦書きにあった書式に設定変更する事が可能です。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順は、大きく4つに分ける事が出来ます。

手順①:【ホーム】タブの【方向】内の【縦書き】ボタンをクリック
手順②:【ファイル】タブの【オプション】をクリック
手順③:【クイックアクセスツールバー】内の【すべてのコマンド】から【右から左へ書き進む文書】を追加
手順④:クイックアクセスツールバーから【右から左へ書き進む文書】ボタンをクリック

1つずつの作業に分けて、画像付きで分かりやすく説明していきます。

手順①:【ホーム】タブの【方向】内の【縦書き】ボタンをクリック

まずは、縦書きした文書を作成しましょう。

今回は、以下のような文書を記載するようにします。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像1

該当のセルを選択した上で、【ホーム】タブの【方向】内の【縦書き】ボタンをクリックして下さい。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像2

すると、選択したセルの文書が縦書きになります。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像3

これで縦書きの文書が準備出来ました。

手順②:【ファイル】タブの【オプション】をクリック

次に、【ファイル】タブの【オプション】をクリックしましょう。

まずは、【ファイル】タブをクリックして下さい。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像4

すると、このような画面になりますので、【オプション】をクリックしましょう。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像5

【オプション】をクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像11

 

手順③:【クイックアクセスツールバー】内の【すべてのコマンド】から【右から左へ書き進む文書】を追加

次に、【クイックアクセスツールバー】内の【すべてのコマンド】から【右から左へ書き進む文書】を追加していきます。

まずは、【クイックアクセスツールバー】をクリックし、『コマンドの選択』のリストの右にある『▼』マークをクリックして下さい。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像12

すると、下記画像のようにリストが出てくるため、【すべてのコマンド】を選択しましょう。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像6

【すべてのコマンド】を選択すると、コマンドのリストが表示されるようになります。

このコマンドの中から、【右から左へ書き進む文書】を探しましょう。

下記画像を参考にして下さい。スクロールバーの真ん中あたりにありますよ。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像7

【右から左へ書き進む文書】が見つかったらクリックし、『追加』ボタンをクリックして下さい。

すると、【右から左へ書き進む文書】が画面右側に移動します。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像8

ここまで設定出来たら、『OK』ボタンをクリックして下さい。

以上で、【クイックアクセスツールバー】に【右から左へ書き進む文書】が追加されました。

手順④:クイックアクセスツールバーから【右から左へ書き進む文書】ボタンをクリック

先ほどまでの手順でクイックアクセスツールバーに【右から左へ書き進む文書】ボタンが追加されました。

エクセルの各タブのさらに上部分に注目してみましょう。オレンジ枠で囲った部分です。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像9

このボタンをクリックする事で、右から左の書式に変更する事が出来ます。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像10

ばっちりですね。従来の左上とは異なり、右上に『A1』セルが来るようになっています。

ちなみに、元の左から右の書式に戻したい場合は、再度【右から左へ書き進む文書】ボタンをクリックして下さい。

エクセルの縦書きで左から右(右から左)に設定変更する手順を示した画像14

元の左から右に書き進む書式に戻りましたね。

以上が、エクセルの縦書きで右から左に設定変更する手順となります。

エクセルの縦書きで左から右に記載する方法まとめ

本記事では、エクセルの縦書きで左から右に記載する方法として、以下の手順で説明しました。

手順①:【ホーム】タブの【方向】内の【縦書き】ボタンをクリック
手順②:【ファイル】タブの【オプション】をクリック
手順③:【クイックアクセスツールバー】内の【すべてのコマンド】から【右から左へ書き進む文書】を追加
手順④:クイックアクセスツールバーから【右から左へ書き進む文書】ボタンをクリック

今回ご説明した以上の手順を実施する事で、エクセルの縦書きで左から右(又は右から左)の書式に変更する事が可能です。

今回、例として説明したエクセルファイルを以下に置いておきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。
>>エクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載するサンプル

エクセルを縦書きにする方法、縦書き時に知っておくと役立つ情報については
>>エクセルを横書きから縦書きに設定する方法まとめ!【Excel】
という記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

以上、「エクセルの縦書きで左から右(右から左)に記載する方法【Excel】」という記事でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA