広島東洋カープ大瀬良大地の年俸まとめ!【分かりやすさNo.1】

広島東洋カープ大瀬良大地の年俸まとめのアイキャッチ画像



『広島東洋カープの大瀬良大地選手の最新の年俸って何万円?』
『カープ大瀬良選手のこれまでの年俸推移を詳しく知りたい』
という悩みをお持ちの方へ。

本記事ではそれらの悩みを全て解決出来る内容になっています。

「広島東洋カープ大瀬良大地選手の最新の年俸額、年俸推移」についてどこよりも詳しく丁寧にまとめています。

それでは、どうぞご覧下さい。

広島東洋カープ大瀬良大地の2019年の年俸は1.45億円

広島東洋カープ大瀬良大地選手の2019年の推定年俸は『1.45億円』となっています。

2019年の広島東洋カープでは野手最高額の年俸。

プロ野球選手の年俸ランキングでは、42位となっています。
>>【2019年最新版】プロ野球年俸ランキング!【日本人選手】

【2019年最新版】プロ野球年俸ランキング!【日本人選手】

2018年12月30日

広島東洋カープの年俸ランキングでは、6位となっています。
>>広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】

広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】のアイキャッチ画像

広島東洋カープの年俸ランキング2019まとめ!【日本人選手】

2019年2月24日

広島東洋カープ大瀬良大地の年俸推移

広島東洋カープ大瀬良大地選手のこれまでの年俸推移について、どこよりも詳しく紹介します。

これまでの年俸推移を表とグラフにまとめました。

年度 年俸(万円)
2014 1500
2015 3500
2016 4600
2017 4500
2018 6300
2019 14500
広島東洋カープ大瀬良大地選手のこれまでの年俸推移のグラフ

プロ1年目(2014年):1500万円→3500万円

登板試合数:26(先発26)
投球回数:151.0
防御率:4.05
勝敗数:10勝8敗
FIP:4.16
QS率:50%
WHIP:1.36

FIP、QS率、WHIPという指標に関しては、こちらのサイトで分かりやすくまとめられています。
>>【野球指標】FIPとは?投手個人の能力を把握するための指標
>>クオリティスタート(QS)とは?各指標との相関関係を紹介
>>【野球指標】WHIPとは?投手の安定感が分かります!

ドラフト1位で広島東洋カープに入団した大瀬良大地選手。
1年目から先発ローテーションの一角として活躍を見せ、規定投球回をクリア。
見事2桁勝利を達成し、2014年の新人王に選ばれます。
1年目のオフには、年俸は1500万円→3500万円に増額しました。

プロ2年目(2015年):3500万円→4600万円

登板試合数:51(先発9、中継ぎ42)
投球回数:109.1
防御率:3.13
勝敗数:3勝8敗20H2S
FIP:2.82
QS率:44.4%
WHIP:1.30

プロ入り2年目は、開幕から先発ローテーション入りするも、
思うような成績が残せず、シーズン途中から中継ぎへと配置転換されます。
しかし、中継ぎとしてしっかり活躍をし、20Hを記録。
規定投球回こそ届きませんが、防御率、FIPともに1年目から良化。
2年目のオフに年俸は3500万円→4600万円に増額しました。

プロ3年目(2016年):4600万円→4500万円

登板試合数:17(先発1、中継ぎ16)
投球回数:21.2
防御率:3.32
勝敗数:3勝1敗4H
FIP:3.07
QS率:0%
WHIP:0.97

プロ3年目は右肘の故障の影響で、前半戦を棒に振ってしまった大瀬良大地選手。
後半戦からは主に中継ぎとして出場しましたが、17試合の登板に留まり、
悔しいシーズンとなってしまいました。
3年目のオフには年俸は4600万円→4500万円と微減でした。

プロ4年目(2017年):4500万円→6300万円

登板試合数:24(先発24)
投球回数:145.2
防御率:3.65
勝敗数:10勝2敗
FIP:3.60
QS率:58.3%
WHIP:1.28

プロ入り4年目は、開幕から先発ローテーション入りを果たします。
シーズンでは自身7連勝を記録するなど、1年目以来の規定投球回到達&2桁勝利(10勝)を記録。
防御率3.65で、QS率は58%と、先発投手として十分な成績を残し、広島のリーグ2連覇に貢献します。
4年目のオフに年俸は4500万円→6300万円に増額しました。

プロ5年目(2018年):6300万円→1.45億円

登板試合数:27(先発27)
投球回数:182
防御率:2.62(リーグ3位)
勝敗数:15勝7敗(最多勝)
FIP:3.65
QS率:77.8%(リーグ1位)
WHIP:1.01

プロ入り5年目の大瀬良大地選手は、キャリアハイとなる大活躍を見せます。
1年間安定したピッチングを続け、防御率2.62とリーグ3位、15勝をあげ見事に最多勝に輝きます。
QS率が77.8%と安定感のあるピッチングが光り、広島東洋カープのリーグ3連覇に大貢献。
5年目のオフには年俸が6300万円→1.45億円と倍以上に増額し、
1億円プレイヤーの仲間入りを果たします。

プロ6年目(2019年):1.45億円→?億円

※2019年の成績が確定次第、更新予定

広島東洋カープ大瀬良大地の年俸まとめ

広島東洋カープ大瀬良大地選手の年俸についてまとめました。

最高年俸:1.45億円(2019年)

年俸総額:3.49億円(2019年時点)

ルーキーイヤーから2桁勝利を記録し、新人王に選ばれた大瀬良大地選手。
その後数年間は先発、中継ぎとして経験を積み、
2018年には最多勝を獲得し、広島東洋カープのエースに急成長。

2019年以降も広島東洋カープの大黒柱として、大瀬良大地選手の活躍に期待が集まります。

以上、『広島東洋カープ大瀬良大地の年俸まとめ!【分かりやすさNo.1】』という記事でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA