プロ野球中継見るならDAZNがコスパ最強過ぎ!【11球団見放題】



『プロ野球中継を見るのにDAZNっておすすめなの?』
『DAZNってサッカーのイメージが強いけど、プロ野球はどうなの?』
とお悩みの方へ。

実はDAZNって、プロ野球中継を見るなら『DAZN一択』と言い切れるレベルにおすすめ出来るんです。

なぜなら、11球団の主催試合の放映権を持っていながら月額料金はスカパー!の半額以下とめちゃくちゃコスパが良いんですよね。

この記事では、DAZNがコスパ最強な理由と、DAZNでプロ野球中継を見るメリットについてご紹介します。

記事を読み終えると、DAZNってこんなにプロ野球中継が充実していたのか!と理解できるようになりますよ。

それではどうぞ、ご覧下さい!

プロ野球中継見るならDAZNがコスパ最強過ぎる3つの理由

プロ野球中継が見れるサービスっていっぱいあるんですけど、DAZNは他サービスと比べてもめちゃくちゃ優秀。

プロ野球中継でDAZNがコスパに優れている理由は次の3つです。

プロ野球中継でDAZNがコスパ良しな理由

  • 11球団の主催試合の放映権を持っているから
  • 月額料金が1750円でスカパー!の半額以下だから
  • プロ野球以外のコンテンツが充実しているから

以下で1つずつ丁寧に解説していきますね。

理由①:DAZNなら11球団の主催試合が試合開始から終了まで見放題!

DAZNは何と、プロ野球11球団の主催試合を、試合開始から試合終了まで見放題で視聴可能。

DAZNで主催試合が視聴可能な球団
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックスバファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

唯一、巨人の主催試合だけがDAZNでは放送されないのは本当に残念なところではります…
が、プロ野球の年間での総試合数858試合のうち、見れないのは巨人の主催試合である71試合だけ。
視聴可能な試合数の割合は、(858試合ー71試合)/858試合=約92%。

これだけプロ野球の試合が見放題で見れるのはDAZNの最大の魅力ですね。

もちろん、地上波のテレビ中継のように試合開始途中から始まり、試合途中で放送が終わる…なんてことはありません。

DAZNなら試合開始から試合終了までがっつり、余すことなく見放題です。

理由②:DAZNの月額料金は1750円(税抜き)でスカパーの半額以下!

DAZNの月額料金は1750円(税抜き)。

プロ野球中継で有名なサービスである「スカパー!」と比較すると、その差は一目瞭然。

主なスポーツ観戦サービスの月額料金

DAZN:1750円
スカパー!:3685円

スカパー!の特徴は、12球団全ての試合が見放題で見れること。
つまり、DAZNでは視聴出来ない巨人の主催試合も見ることが出来ます。

ただ、月額料金はDAZNより高く2倍以上。

巨人ファン以外の方なら迷わずDAZN一択です。

巨人ファンの方はスカパー!に契約するのが良いのか?と言うと、実はこういう方法もあります。

実は、大手動画配信サービス「Hulu」で巨人の主催試合を見る事が出来るんです。

Huluの月額料金は933円(税抜き)のため、DAZNと組み合わせても月額1750円+933円=2683円。

スカパー!より1000円も安いんですよね。

巨人ファンだけど12球団の試合をより安く見たい!という場合には、
「DAZN」+「Hulu
という組み合わせもある事を覚えておいて下さいね!

Huluの公式サイトはこちら
>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

理由③:DAZNはプロ野球以外のコンテンツもめちゃくちゃ充実!

DAZNってプロ野球のコンテンツがめちゃくちゃ充実してるんですが、それ以外のスポーツも充実しまくりです。

特に強いのがサッカー。
正直言って、DAZNの独占状態です。

Jリーグに欧州サッカーが見放題で見れるのは国内サービスでは現状DAZNだけ。

また、その他にも様々なスポーツをDAZNでは取り扱っています。

DAZNが取り扱っているスポーツジャンル

  • プロ野球
  • サッカー
  • アメリカンフットボール
  • テニス
  • 自転車競技
  • 自転車トラックレース
  • バレーボール
  • ゴルフ
  • ラグビーユニオン
  • バスケットボール
  • ボクシング
  • モータースポーツ
  • 総合格闘技
  • ダーツ

プロ野球以外のスポーツも興味がある!という方は、DAZNを選ぶとめちゃくちゃ楽しいですよ。

DAZNでプロ野球中継を見るデメリット

遅延があるため実況には不向き

DAZNでプロ野球中継を見る上で1つだけ気をつけて欲しいポイントがあります。

それは、若干の「遅延」があることです。

ここで言う「遅延」とは、リアルタイムとの時間のずれで、時間にして1分〜数分程度ずれがあります。

これって、SNSや特定の掲示板での実況を利用するには不向きで、
リアルタイムでの反応とずれが起きてしまい、ネタバレに繋がる事が多いんですよね。

この遅延に関しては今後改善する方向で努力していくようですが、現時点ではまだ残っているため
実況用途でDAZNを利用する場合には注意が必要です。

DAZNでプロ野球中継を見るメリット

実はDAZNでプロ野球中継を見ることって、他のサービスには無いメリットがたくさんあるんです。

DAZNでプロ野球中継を見るメリット

  • スマホ&タブレットでどこでもプロ野球が見れる
  • テレビの大画面でもプロ野球中継が見れる
  • 見逃し配信に対応している

以下で1つずつ丁寧に解説していきますね。

メリット①:DAZNならスマホ&タブレットでどこでもプロ野球中継が見れる

DAZNならアプリを利用してスマホやタブレットでプロ野球中継を見る事が出来ます。

スマホやタブレットでプロ野球中継を見る事の最大のメリットは、場所を選ばずに見れること。

自宅の寝室のベッド、外出先のカフェ、帰宅途中の電車と好きな場所でプロ野球中継を楽しめます。

特にプロ野球のナイターは18時から始まりますが、その時間はまだ仕事帰りの電車で移動中…なんて方も多いはず。

DAZNなら仕事帰りの電車の中でもスマホやタブレットを利用してプロ野球のナイターを見る事が出来ちゃいます。

メリット②:DAZNならテレビの大画面でプロ野球中継が見れる

スマホやタブレットで場所を選ばず見れるのはもちろん嬉しいですが、やっぱりプロ野球中継はテレビの大画面で見たくなるもの。

DAZNは「Amazon FireTV Stick」を利用する事で、簡単にテレビの大画面でプロ野球中継を楽しむことが出来ます。

また、今現在「PS4」を持っている方なら、PS4でDAZNアプリをダウンロードし、
テレビ画面でプロ野球中継を視聴可能。

テレビ画面で楽しむ方法は、
>>動画配信サービスをテレビで見る方法【たった5分で設定完了】
という記事でまとめていますので、良ければご覧下さい。

created by Rinker
Amazon
¥3,980 (2019/02/24 10:25:43時点 Amazon調べ-詳細)

メリット③:DAZNなら見逃し配信に対応

DAZNの大きなメリットの1つが「見逃し配信」に対応していること。

見逃し配信とは、プロ野球中継のライブ配信後に30日間いつでもその試合を見返す事が出来るサービスです。

急用が入って見たかった好きな先発投手の試合が見れない…なんて事があっても、
DAZNなら30日間の見逃し配信に対応しているため、1ヶ月以内ならいつでもその日の試合を見返す事が出来るので安心ですね。

また、お気に入りの選手の名シーン等は繰り返し見たくなるもの。

好きな選手のホームランの場面や、思わず見とれてしまうようなファインプレーなど、
1ヶ月間の間繰り返し視聴出来るのは他サービスには無い嬉しいポイントですよね。

まとめ:プロ野球中継見るならDAZN一択

本記事では「プロ野球中継を見るのにDAZNがコスパが良い理由と、メリットデメリット」についてまとめました。
改めてDAZNがコスパ良しな理由を振り返ってみましょう。

プロ野球中継でDAZNがコスパ良しな理由

  • 11球団の主催試合の放映権を持っているから
  • 月額料金が1750円でスカパー!の半額以下だから
  • プロ野球以外のコンテンツが充実しているから

やはり、月額料金に対するコンテンツのボリュームが半端なく多いです。

現在の他社サービス状況を鑑みると、プロ野球中継に関してはDAZN一択で間違いないですね。

巨人の主催試合が見れないのは残念ですが、「Hulu」とうまく組み合わせることで、
12球団の主催試合をスカパー!よりもコスパよく見る事が出来ます。

2019年は、DAZNでプロ野球中継を一瞬も残す事なく楽しみ尽くしましょう!

以上、「プロ野球中継見るならDAZNがコスパ最強過ぎ!【11球団見放題】」でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA