【野球指標】WARとは?全ての選手の総合的な貢献度を数値で評価!

【野球指標】WARとは?全ての選手の総合的な貢献度を数値で評価!のアイキャッチ画像




 

今回の記事では、WAR(Wins Above Replacement:ウォー)という指標をご紹介します。

WARという指標が出来るまでは、選手の貢献度を把握するために、複数の指標を吟味する必要がありました。

また、投手と野手を同じ土俵で評価すること自体が、難しいことだとされていました。

しかし、WARという指標を理解することで、これらの問題を見事に解決してくれます。

そこで本記事では、WARという指標について、2018年の具体的な成績を例に出しながら分かりやすく解説します。

本記事を読むことで、WARという指標が理解出来て、野球選手のチームへの貢献度が簡単に分かるようになりますよ。

【野球指標】WARとは?

WARとは、以下のように説明されています。

WARは、Wins Above Replacementという正式名称が示す通り、「そのポジションの代替可能選手(Replacement)に比べてどれだけ勝利数を上積みしたか」を表す指標である[1]。代替可能選手とは、「平均以下(below average)の実力で、容易に獲得できる(easily obtainable)選手」、すなわち3Aから昇格させたり、ウェーバー経由や後日指名選手(PTBNL)で獲得できる控えレベルの選手を指す。トム・タンゴは「FA市場において最低年俸水準で獲得できる選手、またはトレードにおいて最小限の損失で獲得できる選手」と定義している[2]。代替可能レベルの選手でチームを構成した場合には162試合のシーズンで勝率.320、52勝が期待出来る[3]。代替可能レベルの設定はシンクタンクにより異なっていたが、2013年現在、FanGraphs[1]とBaseball Reference[2]は勝率.294で統一している。平均的なレギュラー野手、先発投手のWARは2.0とされている。一方、平均的なリリーフ投手のWARは0.3とされている。仮にWARが0ならば、その選手は「代替可能」なレベルということになる[1]。

引用元:Wikipedia WAR(野球)

簡単に要約すると、「WARとは、野球選手の投球・打撃・走塁・守備を総合的に評価し、貢献度を測る指標」と言えます。

数値の見方は、「代替選手と比較した場合に、チームに何勝分の上積みをもたらしたか」という風に考えます。

(代替選手:NPBでは「2軍の選手」と考えると分かりやすいです。)

例えば、巨人の坂本勇人選手の2018年のWARは6.3です。

これは、代替選手の変わりに坂本選手が出場することで、チームに6.3勝の上積みをもたらした、と考えます。

言い換えると、坂本選手がWAR0の選手と入れ替わってシーズンを戦い抜くと、シーズンで6.3勝が減り、その分6.3敗する計算になるということです。

仮にそうなった場合、2018年シーズンの巨人は67勝71敗→61勝77敗となり、中日・阪神と熾烈な最下位争いをしていたかもしれません。

WARの高い選手が、いかにチームに貢献しているかが分かりますね。

かつを
WARは選手の総合的な貢献度を数字で表した指標で、値が高ければ高いほど優秀な選手ってことなんや!

投手・野手問わず、選手の総合的な貢献度が1つの指標で評価出来る

WARという指標を用いることで、ある選手の投球・打撃・走塁・守備の総合的な貢献度を1つの指標で評価出来るようになります。

従来の様々な指標では、各選手の能力や貢献度の一部しか把握することができず、選手を評価する際には、複数の指標を比較する必要がありました。(例:打撃はOPS、守備はUZR等)

また、打撃部門での貢献度ばかりが重要視され、走塁や守備での貢献度は見過ごされる傾向がありました。

さらに、投手と野手を同じ土俵で評価するのは、かなり難しい状況でした。

WARという指標は、これらの問題点を見事に解決してくれています。

かつを
WARを使えば、投手野手問わず、全ての選手を同じ土俵で総合的に評価することが出来るんや!

ポジション毎の補正の影響が大きい

WARは、計算時にポジション毎の補正値があるのが特徴です。

rWARの補正値は以下のようになります。

“守備位置補正得点を加える

数値はfWARとやや異なり、現在は以下の通りである。150試合×9イニング=1350守備イニングおきに以下の補正値を加える。

  • 捕手: +10.0 得点
  • 遊撃手: +7.5 得点
  • 二塁手: +3.0 得点
  • 三塁手: +2.5 得点
  • 中堅手: +2.5 得点
  • 左翼手: -7.5 得点
  • 右翼手: -7.5 得点
  • 一塁手: -10.0 得点
  • 指名打者: -15.0 得点

引用元:Wikipedia WAR(野球)

ポジション毎の補正値の特徴としては、以下の2点があります。

  • 捕手と遊撃手のプラスの補正値が大きい
  • 左翼手(レフト)、右翼手(ライト)、一塁手(ファースト)、指名打者(DH)のマイナス補正値が大きい

仮にポジションが異なる選手が同じ成績を残した場合、キャッチャーやショートの選手はWARが高くなり、レフト・ライト・ファーストの選手は相対的にWARが低くなります。

このポジション補正値の影響はかなり大きく、後述の2018年のWARランキングでは、上位10人中7人がセンターライン(キャッチャー・セカンド・ショート・センター)の選手となっています。

かつを
ポジション毎に補正値が加えられるのがWARの特徴やね。センターラインの選手はプラスで、それ以外の選手はマイナスなんや。

【野球指標】WARの評価基準

WARの評価基準は、概ね以下のように表すことが出来ます。

WARの評価基準の引用画像

引用元:Wikipedia WAR(野球)

WARの値は高いほど優秀です。

一般的なレギュラークラスの選手のWARが2.0とされています。

また、WARはマイナスになることもあります。

その場合、総合的に評価して代替選手の方が良いと考えることが出来ます。

2018年の規定到達者でWARが最下位だったのが、千葉ロッテマリーンズの藤岡裕大選手で、WAR-0.4でした。

2018年の規定到達者の中では唯一のWARがマイナスの値を記録しています。

つまり、藤岡選手を使うよりも、代替選手(2軍の選手)を使った方が、総合的に見るとプラスになったという考えになります。

これは選手とては、かなり厳しい評価ですよね。

かつを
WARは普通のレギュラー選手は2.0が目安になるんやね!WARがマイナスまで行くと、相当な評価の低さになるね。

2018年WARランキング

2018年の投手、野手それぞれのWARランキングは以下の通りです。

2018年投手WARランキングの画像

2018年投手WARランキング

2018年野手WARランキングの画像

2018年野手WARランキング

一般的に、投手よりも野手の方がWARが高くなる傾向にあります。

ここで注目したいのが、野手のWARランキングの上位10人中、7人がセンターライン(キャッチャー・セカンド・ショート・センター)の選手という点です。

WARという指標の特性上、ポジション補正の関係でセンターラインの選手が高く評価されやすいということが分かります。

かつを
WARは本当にセンターラインの選手が高く評価されるんよね。個人的にはレフトライトに比べてセンターの評価が高すぎでは?と感じています。

「【野球指標】WAR」まとめ

今回の記事では、WARという指標をご紹介しました。

WARという指標を用いることで、今までは難しいとされていた、投手と野手を同じ土俵で、単一の指標で評価することが出来ます。

また、野手の評価も打撃・守備・走塁の全てを加味し、総合的な能力を1つの指標で把握することが出来るようになります。

ぜひ、これからは野球選手を評価する際に、WARという指標に注目してみてください。

かつを
WARが理解出来れば、全ての選手を同じ土俵で評価することが出来るんやね!適正年俸の算出にも使われているみたいです!

セイバーメトリクスや、他の野球指標について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

→セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

2018.10.23

それでは、今回は以上になります。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!

プロ野球見るならスカパーで!

スカパー!なら、プロ野球全球団の公式戦を全試合生中継します!

詳しくは公式サイトをご覧下さい。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA