UZRランキング2018確定版!12球団で守備が上手い選手は誰!?




 

今回の記事では、2018年のUZRランキングをご紹介します。

どうも、野球指標好きのかつを(@katsuwopapa)です。

UZR(アルティメット・ゾーン・レーティング)とは、選手の守備力を数値で判断出来るようにした画期的な指標です。

UZRについて詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→UZRとは?野手の守備力を数値で評価可能にする画期的な指標!

UZRとは?野手の守備力を数値で評価可能にする画期的な指標!

2018.10.10

本記事を見れば、2018年の守備力の高い選手が一目で分かるようになります。

各ポジション毎に分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にして下さいね。

各ポジション毎の1位を予想しながら見ると、一層面白いですよ。

UZRランキング2018【ファースト】

2018年のファーストのUZRランキングは以下の通りです。

2018年UZRランキングファースト部門の画像

1位は西武ライオンズの山川穂高選手でした。

山川選手は2018年は本塁打王と打点王の二冠に輝き、打撃部門で文句なしの成績を残しました。

守備を評価する指標UZRにおいても、ファーストで堂々の1位を獲得しました。

山川選手の今季のWARは凄まじい数値になりそうですね。

一方で、最下位は巨人の岡本和真選手でした。

数値を見ると、-7.2と一人だけ圧倒的なマイナスの数値を叩き出しています。

本職がファーストではないヤクルトの坂口選手より下の順位ですので、かなり厳しい評価です。

特に守備範囲の数値が大きくマイナスとなっています。

2018年は打撃では文句なしのキャリアハイの成績を記録した岡本選手ですが、守備では12球団でワーストの評価となってしまいました。

来期以降の改善に期待です。

かつを
1位は西武の山川選手や!2018年のMVP最有力候補やね!

UZRランキング2018【セカンド】

2018年のセカンドUZRランキングは以下の通りです。

2018年UZRランキングセカンドの画像

1位は広島の菊池涼介選手、僅差で2位がヤクルトの山田哲人選手でした。

この二人の選手は例年UZRで上位争いをしています。

今季の各選手の特徴を見ると、菊池選手は守備範囲こそ平均的でしたが、持ち前の強肩と堅実な守備で併殺貢献と失策防止の数値が高いです。

一方で山田選手は、圧倒的な守備範囲の広さで数値が高くなっています。

このように、UZRの数値こそ近いですが、守備の特徴はかなり異なる両選手ですね。

一方で、最下位は阪神タイガースの糸原健斗選手でした。

糸原選手は、併殺貢献、守備範囲、失策防止の全ての数値でマイナス評価となり、数値上は一人ダントツの最下位になってしまいました。

この結果は、甲子園球場がホームグラウンドの阪神タイガースとしては、かなり大きなマイナス要素であると言えます。

来期以降の糸原選手の守備の改善に期待したいですね。

かつを
例年通り菊池選手、山田選手の2強体制は変わらず!二人の選手の守備の特徴が違うのも面白いね!

UZRランキング2018【サード】

2018年のサードUZRランキングは以下の通りです。

2018年UZRランキングサードの画像

1位はソフトバンクホークスの松田宣浩選手でした。

数値上は2位以下を大きく引き離しての13.5で、ダントツです。

特に守備範囲でのプラス具合が大きいですね。

サードは規定守備イニング到達の9人中6人がマイナスの数値という、偏った結果になっています。

広島の西川龍馬選手と、DeNAの宮崎敏郎選手が大きなマイナスの数値となっています。

宮崎選手は、2017年のUZRは数値が良かったのですが、2018年は残念ながら最下位。

来期以降どのような数値になるか、注目したい所です。

かつを
松田選手が圧倒的1位!まだまだ守備力は健在やね!

UZRランキング2018【ショート】

2018年のショートUZRランキングは以下の通りです。

2018年ショートUZRランキングの画像

1位は西武ライオンズの源田壮亮選手。

UZRは驚異の30.8…!

平均的な守備力の選手を使うより、源田選手を使えば失点が30点も減るという計算です。

これは素直に凄過ぎます。

あまりに圧倒的過ぎて、坂本選手や安達選手もかなり優秀なのですが、正直言って霞んでしまうレベルです。

特に圧倒的なのが守備範囲の数値。

源田選手は、守備だけでお金になると言っても過言ではないですね。

一方で、最下位は楽天の茂木選手。

守備範囲のマイナスが大きく足を引っ張り、UZRの値もマイナスとなっています。

怪我の影響もあったと思いますので、来期以降の改善に期待したいですね。

かつを
源田選手のUZRが異次元の数値…!源田選手は守備だけでお金になる選手やね。

UZRランキング2018【レフト】

2018年のレフトUZRランキングは以下の通りです。

2018年レフトUZRランキングの画像

楽天の島内宏明選手がUZR17.1で、ダントツの1位でした。

レフトは打撃特化の選手が多く、大きなマイナスの数値を叩き出す選手が多いので、プラスの選手は一層際立ちますね。

レフトでのUZR最下位はヤクルトのバレンティン選手。

UZR-21.5は、12球団の規定守備イニング到達の全選手で最下位の数値でもあります。

バレンティン選手は、バッティングでの貢献度は文句なしに高いのですが、守備面でのマイナスがかなり大きいですね。

かつを
レフトの1位は楽天の島内選手!レフトはプラスの選手とマイナスの選手がはっきり別れたね!

UZRランキング2018【センター】

2018年のセンターUZRランキングは以下の通りです。

2018センターUZRランキングの画像

1位は、中日ドラゴンズの大島洋平選手でした。

僅差の2位が、DeNAの桑原将志選手。

一方で、最下位はロッテの荻野選手で、-6.4でした。

センターは他のポジションに比べると、極端にプラスマイナスが大きい選手は居ないですね。

やはり、センターは各球団それなりに守備力がある選手を起用しているでしょうから、大きな差にはなりにくいようです。

その中での大島選手のUZR1位は、とても価値が高いですね。

かつを
センターのUZR1位は中日の大島選手や!守備範囲の広さに定評がある、名選手やね!

UZRランキング2018【ライト】

2018年のライトのUZRランキングは以下の通りです。

2018年ライトのUZRランキングの画像

1位はソフトバンクホークスの上林選手でした。

上位3人は僅差で、2位は日本ハムの大田選手、3位は中日ドラゴンズの平田選手です。

一方で、最下位はダントツのマイナスを記録した阪神の糸井選手です。

特に守備範囲でのマイナスが大きく足を引っ張り、全体でもバレンティン選手の次に悪い数値となっています。

甲子園球場が本拠地の阪神タイガースとしては、大きなマイナスポイントですね。

かつを
1位はソフトバンクの上林選手や!2位大田選手と3位平田選手も数値は拮抗していて、ハイレベルな争いやね!

UZRランキングから考える2018年GG賞(ゴールデングラブ賞)予想

UZRの数値から、2018年のGG賞(ゴールデングラブ賞)を大予想したいと思います。

UZRの値から予想した、2018年のセ・パ各リーグのGG賞予想は以下の通りです!

UZRから予想したゴールデングラブ賞の画像

ただ、ゴールデングラブ賞は外野手はポジション関係なく3選手を選考するので、予想とはかなり異なる結果になる可能性が高いです。

それ以外のポジションは、かなりリアリティがあり、現実的な予想だと考えています。

UZRの数値と、記者投票の結果にどれだけ差があるか、楽しみな所です。

※ゴールデングラブ賞の結果が分かり次第、比較結果を追記します。

「UZRランキング2018」まとめ

今回の記事では、2018年の各ポジション毎のUZRランキングをご紹介しました。

各ポジション毎の1位の選手、最下位の選手はイメージ通りでしたか?

あなたが選手に持っている守備のイメージと、数値が示す守備力の結果に違いが見つかると、面白いですよね。

源田選手のUZR30.8は、本当に異次元の数値ですね。

ショートは他にも守備力に定評のある優秀な選手が多い中で、この数値は本当に立派です。

本当に源田選手は守備だけでお金になる選手。

これからは、源田選手の守備力に一層注目したいですね。

かつを
源田選手の異次元の守備力に今後も期待です!

かつを(@katsuwopapa)でした。

セイバーメトリクスや、他の野球指標について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

→セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

2018.10.23

UZRについて詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→UZRとは?野手の守備力を数値で評価可能にする画期的な指標!

UZRとは?野手の守備力を数値で評価可能にする画期的な指標!

2018.10.10




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA