BABIP(バビップ)とは?野球の運を数値化可能な画期的な指標!




 

今回の記事では、野球指標の1つであるBABIP(バビップ)をご紹介します。

BABIPは、野球における運の要素を数値で表現出来るようにした、とても画期的な指標です。

しかし、一般的にはBABIPはまだまだ浸透していないのが現状です。

この記事をご覧の方も、BABIPについて詳しく知らない方が多いことでしょう。

本記事を読めば、BABIPの持つ意味、計算方法、活用例が理解出来るようになります。

BABIPを理解することで、ある選手の成績が運の影響を受けたのか?そうではないのか?分かるようになります。

そうすることで、選手の成績を見るのが、より一層楽しくなること間違いなしので、ぜひ参考にして見て下さいね。

BABIP(バビップ)とは?

BABIPの計算式の画像

BABIPとは、「本塁打を除くグラウンド内に飛んだ打球が安打になった割合」のを表す指標です。

投手のBABIPについて計算する場合は、以下の式になります。

BABIP=(被安打-被本塁打)÷(打席-与四死球-奪三振-被本塁打)

投手のBABIPを見る場合は、分母に犠打を加える場合もあります。

投手のBABIPは被BABIPと呼ばれることが多いです。

野手のBABIPは以下の計算式で求めることが出来ます。

BABIP=(安打-本塁打)÷(打数-三振-本塁打+犠飛)

また、投手と野手でBABIPの特徴は異なります。

かつを
BABIPは、グラウンド内に飛んだ打球が安打になった割合を表す指標なんやね!

BABIP(バビップ)の特徴

BABIPは、投手と野手で特徴が異なるため、指標の取り扱い方に違いが出てきます。

ここでは、投手と野手それぞれのBABIPの特徴をまとめていきます。

投手のBABIPの特徴

投手のBABIP(以下、被BABIPと表記)の特徴は、以下の通りです。

投手のBABIP(被BABIP)の特徴
  • 長期間での被BABIPの数値は投手のタイプに関わらず殆ど差が無い
  • 被BABIPの平均値は約0.300前後で推移
  • 被BABIPが低ければ運が良く、被BABIPが高いと運が悪いとされる

投手の場合、投手のタイプによって被BABIPに差が無い、というのが最大の特徴です。

被BABIPは、数年以上のスパンで見ると一定の値(約0.300前後)に収束する事が分かっています。

そのため、1年単位で見た場合に、被BABIPが0.300より極端に外れた場合は、運が良かった又は悪かったと考えられます。

被BABIPが低い(.250前後)と運が良かったとされ、逆に被BABIPが高い(.350前後)と、運が悪かったと考える事が出来ます。

かつを
投手の被BABIPは0.300前後に収束するから、そこから大きく外れていれば運が良かった、悪かったと言えるんやね!

野手のBABIPの特徴

野手のBABIPの特徴は、以下の通りです。

野手のBABIPの特徴
  • 打者のBABIPは打者のタイプによって差が出るため、選手毎の平均値と比較する
  • 選手毎に見た打者のBABIPは、長い期間では収束する
  • 一塁への到達速度が速い選手、打球速度が速い選手はBABIPが高く出やすい
  • 選手自身の平均値と比較して、BABIPが高いと運が良い、BABIPが低いと運が悪いとされる

野手のBABIPは、投手とは異なり、打者のタイプによってBABIPの値に傾向が現れます。

例えば、イチロー選手のように、一塁への到達速度が速い選手は、普通の選手なら凡打になる当たりでも、内野安打にしてしまうため、BABIPが高くなりやすいんです。

一方で、極端なシフトを引かれるような打者(例えば強烈なプルヒッター)は、、BABIPが低く出る傾向にあります。

そのため、選手毎にBABIPの値が異なる傾向にあるため、投手のようにリーグ平均と比較するよりも、打者自身の平均のBABIPと比較すべきです。

かつを
野手のBABIPは選手のタイプによって変わるんやね。長い目で見れば選手ごとに収束するから、選手の平均値と比較すればええんやね!

BABIPの活用例

ここでは、BABIPの具体的な活用例を投手・野手ともにご紹介します。

BABIPを用いれば、運の要素を絡めることが出来るので、選手のある年の成績が選手本来の実力なのか?はたまた運が良かっただけなのか?ある程度判断する事が出来るようになりますよ。

投手のBABIP活用例~今永昇太選手の場合~

横浜DeNAベイスターズの今永昇太選手の成績を例に、BABIPの活用例をご紹介します。

今永選手の2016年〜2018年の防御率とBABIPの値は以下の通りです。

  防御率 BABIP
2016年 2.93 0.264
2017年 2.98 0.262
2018年 6.80 0.344

2016年、2017年と防御率は2点台でとても優秀に見える今永選手の成績ですが、この2年のBABIPは.260台と、平均値の0.300よりもかなり低めの数値でした。

つまり、グラウンド内に飛んだ打球が、平均よりも多く「運良く」アウトになっていたため、防御率の数値は良かった、と考える事が出来ます。

そんな今永選手ですが、2018年には防御率が6.80とすさまじく悪化してしまいました。

2018年のBABIPは0.344と、かなり運が悪い部類の数値となっています。

自身の不調の影響ももちろんあったと思いますが、運の悪さも重なり、過去2年とはかけ離れた成績となってしまいました。

このように、いつも見る成績とBABIPを一緒に見る事で、単に実力で成績が悪化したのか、運の影響が少なからずあったのかどうかが、分かるようになります。

今永選手の場合は、BABIPが平均値付近の年がまだ無いので、来年以降の成績に、注目したいところです。

かつを
今永選手はBABIPの影響を大きく受けた選手の一人やね。

野手のBABIP活用例~山田哲人選手の場合~

ヤクルトスワローズの山田哲人選手の成績を基に、野手のBABIP活用例をご紹介します。

山田哲人選手がブレイクした2014年〜2018年までの主要な成績とBABIPは以下の通りです。

  打率 OPS BABIP
2014年 0.324 0.941 0.344
2015年 0.329 1.027 0.353
2016年 0.304 1.032 0.312
2017年 0.247 0.799 0.286
2018年 0.315 1.014 0.350
通算     0.327

2017年に大きく成績を落としてしまいましたが、実はBABIPの値もかなり低い値だったんですね。

山田哲人選手の2018年までのBABIPの平均値が0.327なので、2017年はかなり運が悪い年だったために、成績が下降したと考える事が出来ます。

山田哲人選手の実力なら、インフィールドに飛んだ打球の内平均して32.7%は安打になる筈だったのが、2017年は28.6%しか安打にならなかった。

一見不調のように見えますが、実は運による影響がかなり悪い方に出た影響が大きかったんですね。

また、BABIPが0.350となった2018年は、ブレイクした直後の成績と同様の活躍ぶりでした。

このように、BABIPを一緒に見ると、選手の成績を1年単位で見た時に、その成績は実力からなのか、はたまた運の影響が大きかったのか、判断する事が出来るようになります。

かつを
山田哲人選手の2017年の成績降下は、運が悪かったと言えるんやね!

「BABIP(バビップ)」まとめ

今回の記事では、BABIPについてご紹介しました。

BABIPは、野球の運の要素を数値化するという、とても画期的で面白い指標です。

BABIPという指標を理解することで、今まではただ不調だと思っていた成績が、実は運が悪かったせいだった、なんて事に気づく事が出来たりします。

また、BABIPは単体で見るのではなく、他の指標と見比べる事で真価を発揮するので、ぜひ他の指標とBABIPの数値を年度毎に見比べてみて下さい。

特に成績が1年だけ急に良くなったり、悪くなったりしている場合は、BABIPが異常に高かったり低かったりする可能性があります。

あなたのお気に入りの選手の成績と、BABIPを見てみましょう。

面白い発見が、きっとあるはずですよ。

かつを
BABIPを知ることで、野球の楽しみ方が増えること間違いなしですよ!

セイバーメトリクスや、他の野球指標について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

→セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

セイバーメトリクスとは?知れば野球がもっと楽しくなる指標7選!

2018.10.23

それでは、今回は以上になります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

プロ野球見るならスカパーで!

スカパー!なら、プロ野球全球団の公式戦を全試合生中継します!

詳しくは公式サイトをご覧下さい。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA