【DIY 棚 作り方】ラブリコの2×4アジャスターでキッチン棚作り!

【DIY 棚 作り方】ラブリコの2×4アジャスターでキッチン棚作り!のアイキャッチ画像




 

かつをです!

今回は、賃貸物件の方でも出来るDIYとして、ラブリコの【2×4アジャスター】を使ったキッチン棚作りをご紹介します!

DIYをしたいけれど、賃貸物件に住んでいる方は、こんな悩みをお持ちの方が多いですよね。

かつを
賃貸やから、壁に穴は空けられへんし、本格的なDIYはしづらいなあ…

そんな悩みを抱えている方に、ぜひおすすめしたいDIYグッズがあります!

それが、ラブリコの【2×4アジャスター】です。

【2×4アジャスター】があれば、賃貸物件の方でも、壁に穴を空ける事なく、気軽に本格的なDIYが出来るようになるんです!

今回は、事前の準備段階から、組立の手順まで、順を追って紹介していきますね!

かつを
めっちゃ簡単に出来るで!

ラブリコ 2×4アジャスターとは?

まず、今回使用する【2×4アジャスター】ってどんなもの?というのを簡単にご説明します!

【2×4アジャスター】の実物は、こちらの画像をご覧下さい。

2×4アジャスターの写真

この【2×4アジャスター】に、「2×4材」と呼ばれる木材(規格が統一されている、38mm×89mmの大きさの木材)を、挟み込みます。

実際に2×4材に装着すると、こんな感じになります!

2×4材に2×4アジャスターを挟んだ写真

画像の右端のハンドルのような部分を手で回すと、右側の平らな部分が出たり引っ込んだりします。

平らな部分を出っ張らせ、床と天井で木材を突っ張ることで、2×4材を固定できるようになっているんですよね。

要は、突っ張り棒の同じ要領です!

【2×4アジャスター】を使うと、手で押したくらいではびくともしないくらい、しっかり木材が固定されます!

この固定された木材にネジや金具を打ち込むことで、壁に穴は空けず、賃貸の方でも本格的な棚やラックをDIYすることが出来るようになりますよ!

かつを
賃貸DIYには、欠かせないアイテムなんやで!

【DIY 棚 作り方】ラブリコ 2×4アジャスター Before/After比較

早速、今回のDIYのBefore/Afterを比べてみましょう!

元々はキッチン脇に何とも言えないスペースがありました。

ここに【2×4アジャスター】で棚を作った画像がこちらです!

Before

DIYのBefore画像

After!!

DIYのAfter画像

中途半端に持て余していたキッチン脇のスペースに、見事に3段の棚が出来上がりました!

棚が出来たことで、高さ方向の空間が使えるようになったので、収納スペースが増えましたね!

かつを
白っぽい木材で、統一感を出してみたで!

 かかった時間と費用は?

今回は測定から、設計、購入、組立完了まで掛かった時間は、約2時間です!

組立は30分くらいで出来たので、めっちゃ簡単でしたよ!

価格は合計で¥4,700でした!

ラベル名
価格の内訳

  • 2×4アジャスター:¥900×2=¥1800
  • 棚受け:¥550×2=¥1100
  • 2×4材:¥1600
  • カット代:¥50×4=¥200
かつを
2×4材は白っぽい木目に一目惚れして、少々お高いのを買ったけど、合計は¥5000以内に収まったで!

【DIY 棚 作り方】事前準備(測定~設計~購入まで)【ラブリコ 2×4アジャスター】

ここからは、事前準備~設置までの各工程を、順を追って紹介していきます!

DIYで大切なのは、事前準備だと考えています。

事前準備を大切にすれば、その後の工程がめちゃくちゃすんなり行くようになるんです。

かつを
事前準備をしっかり考えれば、DIYの8割は終わったような物やで!

測定&設計

まずはDIYしたい所をきちんと測定し、現状を把握しましょう!

今回棚を設置予定の場所は、キッチン脇のこのスペースになります。

DIYのBefore画像

設計のイメージは、上下方向に2×4材の柱を2本立て、柱に棚を固定するイメージですね!

今回は簡単な棚なので、ポンチ絵描かずに、頭の中でイメージしてました。

しかし、DIYに慣れてない方は、ポンチ絵描くのがおすすめですよ!

さて、肝心の寸法測定結果は以下の通りになりました。

  • 上下:745mm
  • 幅 :410mm
  • 奥行:140mm

この寸法から、必要な2×4材の長さを決めていきましょう!

今回必要な2×4材は、

  • 柱の2本
  • 棚板の2本

になります!

まず柱の2本です。

【2×4アジャスター】の柱用の2×4材には、推奨長さがあります。

柱用の推奨長さ:(床から天井までの寸法)-95mm

今回は、

745mmー95mn=「650mm」

となります。

「650mm」の2×4材が2本必要と言うことが分かりましたね!

次に、棚板用の2本です。

今回の棚は、幅をほぼ使いきるイメージで設計しています。

幅が410mmで、【2×4アジャスター】の幅寸法が42mm×2=84mmです。

410mm-84mm=「326mm」

となりますが、今回は少ーしだけ余裕を持って、「315mm」にしましょうかね!

あんまりギリギリにして、はみ出したくないので!

これで、今回必要な2×4材の長さが決まりました!

  • 柱2本:650mm
  • 棚板2本:315mm
かつを
ここまでの事前準備をしっかり考えられれば、後は実行に移すのみやで!

購入

必要な物が決まったので、ホームセンターに買いに行きましょう!

2×4材のカットはホームセンターにお願いしました。

1カット50円×4回で、200円!

必要な長さの寸法を伝えるだけで、ものの数分で終わりので、楽チンですよ!

かつを
簡単なカットはホームセンターにお願いしよ!

【ラブリコ 2×4アジャスター】DIY(Do It Yourself!!)

いよいよDIYで1番楽しい、組立にやって来ました。

写真を交えながら、順番に紹介していきますね!

組立

今回ホームセンターで購入した物は以上になります。

2×4材2×4材の画像

ラブリコ 2×4アジャスター2×4アジャスターのパッケージ画像

ワカイ 棚受け棚受けのパッケージ画像

まずは、【2×4アジャスター】を、柱用の2×4材に取り付けます!

2×4材に2×4アジャスターを挟んだ写真

ただ被せるだけなのでめっちゃ簡単ですね!

次に、柱用の2×4材に、棚受けを固定するための目印となる線を鉛筆で描きます。

今回は、三等分のイメージで行きましょう!

鉛筆で基準の線を描いた画像

記入した目印を基準に、棚受けをネジで固定します。

電動ドライバーは必須ですね!

棚受けを固定するとこんな感じになります。

棚受けを固定した画像

水平具合には注意しましょう!

これを4箇所がしがし固定していきます。

柱に棚受けが固定出来たら、棚用の2×4材を棚受けに固定していきましょう!

ここでも電動ドライバーが大活躍します。

棚板を固定するとこのようになりました。

棚板を固定した画像

ここまで来たら、ほぼほぼ完成ですね!

かつを
ここまで20分くらい!めっちゃ簡単やで!

設置

最後に棚を設置してみましょう。

突っ張る前はこんな感じです。

DIYのAfter画像

 

それでは、【2×4アジャスター】を使って、突っ張っていきましょう!

突っ張り方は、この白いつまみを、くるくると回すだけなんです。

つまみを回す画像

数回手で回すだけで、良い感じに固定されましたよ!

かつを
これ、めちゃくちゃ簡単!

簡単な割に、棚自体はしっかり固定されていますね!

手で押したくらいではびくともしません。

水平器で棚の水平具合を確認しましょう。

水平器で棚の水平具合を確認している画像

バッチリ水平出てますね!

かつを
完成やで!めっちゃ簡単やった!

【ラブリコ 2×4アジャスター】まとめ

今回は、賃貸物件の方でも出来るDIYとして、ラブリコの【2×4アジャスター】を使ったキッチン棚作りをご紹介しました。

初めて【2×4アジャスター】を使いましたが、組立も設置も本当に簡単で、驚きました!

今回は柱の側面に棚受けと棚板を固定しましたが、正面側に板を固定し、ラックの様にすることだって出来ちゃいます。

【2×4アジャスター】を使えば、賃貸物件の方でもDIYのバリエーションがグッと増えるので、ぜひおすすめしたいですね!

かつを
まずは練習がてらに、今回作製した棚の規模感で、DIYしてみるとええで!

楽しいDIYライフのお役に立てれば光栄です。

今回の記事は、以上になります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

それでは~!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA