【メルシーポットS-503レビュー】お手入れ簡単で吸引力抜群の電動鼻吸い器【使い方 コツ 】

【メルシーポットS-503レビュー】お手入れ簡単で吸引力抜群の電動鼻吸い器【使い方 コツ 】のアイキャッチ画像




 

今回の記事では、「電動鼻吸い器メルシーポットS-503」をご紹介します。

どうも、育児も家事も仕事も頑張る一児の父、かつを(@katsuwopapa)です。

赤ちゃんは自分で鼻をかめないため、鼻水を放っておくと細菌が耳や目に達して、中耳炎等の病気にかかりやすくなってしまいます。

鼻水を吸い出す方法は「大人が息を吸って吸い出す手動タイプ」と「電動タイプ」の2つあります。

「大人が息を吸って吸い出す手動タイプ」は、嫌がる赤ちゃんを押さえながら、鼻にノズルをあてがい、大人が口で呼吸して鼻水を吸い出す…というかなり困難な道のりを乗り越えなければなりません。

そんな時にあると便利なのが電動鼻吸い器

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」は真空ポンプを内蔵しているため、ノズルを鼻にあてがうだけで、赤ちゃんの鼻水を吸い出す事が出来る優れものです。

かつを
電動鼻吸い器で赤ちゃんの鼻水を吸うのがめちゃくちゃ簡単になりましたよ!

という訳で、本記事では「【メルシーポットS-503レビュー】お手入れ簡単で吸引力抜群の電動鼻吸い器【使い方 コツ 】」についてまとめています。

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻吸い器メルシーポットS-503の外観・付属品

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」のサイズは、幅23.5cm××高さ16cm×奥行き9cmであり、少し大きめになっています。

メルシーポットS-503の写真
かつを
真空ポンプ内蔵ということで、サイズは少し大きいですね!

本体の重量は約800gと、500mLのペットボトル1本半分。

付属品は、メルシーポット本体、チューブ、ノズル、ACアダプター、取扱説明書です。

ノズルは太いノズルと細いノズルの2種類あります。

メルシーポットS503の付属品のノズルの画像
かつを
ノズルは赤ちゃんの鼻の形や鼻水の状態によって使い分けられます!

メルシーポット本体は、吸った鼻水を溜められるタンクと、チューブが繋がるフタに分けられます。

メルシーポット本体を分割した写真

タンクを「電動鼻吸い器メルシーポットS-503」本体に差し込むことで、鼻吸い器として使えるようになります。

メルシーポットS-503の吸引タンクを本体に差し込む画像
かつを
オレンジ色の部品はパッキンなので、無くさないように注意です!

本体の電源ボタンはここにあります。

メルシーポットS-503の電源ボタンの画像

電源ボタンを押せば、真空ポンプがオンになり、鼻水を吸い出せるようになります。

かつを
ボタンを押すだけで勝手に鼻水を吸ってくれるから、とっても簡単!
created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻吸い器メルシーポットS-503は吸引力抜群

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」の最大の特徴は、吸引力の強さ

本体に真空ポンプを内蔵しているため、しっかりと鼻水を吸い出す事が出来ます。

真空ポンプの吸引力の強さを表す最大吸引圧力は「-83kPa」を誇ります。

かつを
産業用の機械で使う真空装置に引けを取らないレベルの吸引力なんです!

そんな訳で、吸引力が売りの「電動鼻吸い器メルシーポットS-503」。

驚くほどに赤ちゃんの鼻水が吸い出せるんです。

かつを
風邪の時は、そんなに鼻水って溜まるの?っていうくらい驚くレベルで吸い出せます…
created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻吸い器メルシーポットS-503はお手入れが簡単

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」はお手入れがとっても簡単です。

お手入れ方法を手順を追ってご説明します。

STEP1:容器に水を入れる(水道水の水を出しっぱなしでもOK)

メルシーポットS-503のお手入れをするために、容器に水を入れた画像

まずは容器に水を入れましょう。

吸引ボトルの容量が270mLなので、コップ1杯分の水があれば十分です。

かつを
容器は何でも大丈夫ですよ!

STEP2:ノズル先端を水につける

メルシーポットS-503の先端ノズルを水につけた画像

次に、メルシーポットのノズルの先端を、先ほど水を入れた容器につけましょう。

先端が少しでも水に浸っていれば大丈夫です。

STEP3:メルシーポット本体の電源をONにする

ノズル先端を水につけた状態で、本体の電源をONにしましょう。

すると、本体が水を全部吸ってくれます。

メルシーポットS-503が水を吸う動画

吸った水は、鼻水を全て巻き込みながら、チューブを通って吸引タンクに溜まります。

メルシーポットS-503が水を吸った後のタンクの画像

STEP4:吸引タンクに溜まった水を捨てる

最後に、吸引タンクに溜まった水を捨てましょう。

メルシーポットS-503のタンクの水をシンクに捨てている画像

これで、「電動鼻吸い器メルシーポットS-503」のお手入れは完了です。

かつを
水を吸うだけでとっても簡単ですよね!
created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻吸い器メルシーポットS-503の使い方とコツ

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」は使い方にコツがあります。

鼻水を吸う時のコツは、「ノズルの向きを反対側の目を向いているようにする」ことです。

例えば、赤ちゃんの右の鼻の穴にノズルを入れて鼻水を吸う時、ノズル先端は赤ちゃんの左目を向くようにします。

こうすることで、鼻の通り道の方向にノズルが向けられるので、鼻水を効率的に吸い出すことが出来るんです。

かつを
病院の先生に教えて貰ったコツです!「電動鼻吸い器メルシーポットS-503」を使う際はぜひお試し下さい!
created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

電動鼻吸い器メルシーポットS-503レビューまとめ

本記事では「【メルシーポットS-503レビュー】お手入れ簡単で吸引力抜群の電動鼻吸い器【使い方 コツ 】」についてまとめました。

電動鼻吸い器メルシーポットS-503」は、しっかりとした吸引力が売りで、赤ちゃんの鼻水を吸うのがウンと楽になります。

サイズが大きく、置く場所にスペースを取ってしまうのは、ウィークポイント。

しかし、お手入れは水を吸うだけで簡単ですし、何より赤ちゃんが中耳炎等にかかってしまうリスクを少なくする事が出来ます。

かつを
お値段以上の価値は間違いなくありますよ!

どうも、かつを(@katsuwopapa)でした。

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2018/11/19 02:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで買うと暮らしが捗るおすすめ商品20選!【2018年版】

2018.10.31




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA